Windows10 のスタートメニューをクラシック(Windows7)に変更 - Classic Shell

Windows10 のスタートメニューをクラシック・スタイルに変更する方法を紹介します。

ここではフリーソフト「Classic Shell」を使って、スタートメニューを変更します。


こんな感じの Windows7 っぽいスタートメニューに変更しすることができます。

また、さまざまなスタートメニューのスタイルに選択することもできます。

Classic Shell のダウンロード・インストール

まずは Classic Shell をインストールしましょう。


ブラウザー「Microsoft Edge」を起動し


Classic Shell のページです。

「Download Now」をクリックします。


ダウンロード・ページです。

ここでは「English版」をクリックしています。


「実行」をクリックします。


すると、Classic Shell のインストールがはじまります。「Next」をクリックしましょう。


ライセンスです。

「I accept the terms in the License Agreement」にチェックを入れ

「Next」をクリックします。


セットアップです。

インストールしたい項目を選択することができます。

  • Classic Explorer
  • Classic Start Menu
  • Classic IE
  • Classic Shell Update

デフォルトではすべてインストールするようになっています。

「Next」をクリックします。


「Install」をクリックします。

スポンサーリンク


ユーザーアカウント制御です。

「はい」をクリックし、インストールを続行しましょう。


インストールの完了です。「Finish」をクリックしましょう。


Readmeファイルが表示されるので、読んでからこのウィンドウを閉じましょう。


「Windowsロゴ」をクリックすると


このような設定ウィンドウが表示されるので、お好みのスタートメニューを選択しましょう。

  • Classic Style
  • Classic with two columns
  • Windows 7 Style

ここでは「Windows 7 Style」を選択しています。

「「OK」をクリックします。


もう一度スタートメニューをクリックすると


こんなスタートメニューに変更されています。


「スタートメニュー(Windows)」をクリックすると


このように Windows10 のデフォルトのスタートメニューが表示されます。

スタートメニュー関連の人気記事

  1. Windows10 - スタートメニューの設定
  2. Windows10 - スタートメニューのカスタマイズ(アプリのタイル)
  3. Windows10 のスタートメニューをクラシック(Windows7)に変更 - Classic Shell
  4. Windows10 - スタートメニュー - グループの変更と新規作成
  5. Windows10 のスタートメニューをシンプルにカスタマイズ
  6. Windows10 - スタートメニューにアプリ一覧を表示/非表示
  7. Windows10 - よく使う設定をスタートメニューに配置(ピン留め)
  8. Windows10 - スタートメニューのリセット(初期化)
  9. Windows10 - 全画面表示のスタートを使う(オン/オフ)
  10. Windows10 - スタートメニューを縮小する方法
  11. Windows10 - スタートメニュー - よく使うアプリの表示(設定)

関連記事(一部広告含む)