Windows10 - よく使う設定をスタートメニューに配置(ピン留め)

Last Update:

Windows10 で、よく使う設定をスタートメニューに配置(ピン留め)する方法を紹介します。

Windows10では


よく使う「Windowsの設定」を


このようにスタートメニューに配置する(ピン留め)することができるので、ここではその方法をみていきます。

よく使う設定アイコンをスタートメニューに

それでは実際に設定方法をみていきます。


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windowsの設定です。

どれかにマウスカーソルを持っていき、右クリックしてみましょう(ここでは「更新とセキュリティ」)。


すると、このように「スタートにピン留め」というポップアップが表示されるので、それをクリックします。


すると、「スタートにこのタイルをピン留めしますか?」というポップアップが表示されるので

「OK」をクリックします。


スタートメニューをみてみるとこのように設定アイコンがタイルとして配置されています。


このようにタイトル(ここでは「よく使う設定」)をつけるとわかりやすいですね。


サブメニューも含む設定も


スタートメニューにピン留めすることができます。


こんな感じで、他の設定もタイルとして配置することができます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

スタートメニュー関連の人気記事

  1. Windows10 - スタートメニューの設定
  2. Windows10 のスタートメニューをクラシック(Windows7)に変更 - Classic Shell
  3. Windows10 - スタートメニューにアプリ一覧を表示/非表示
  4. Windows10 - スタートメニューのカスタマイズ(アプリのタイル)
  5. Windows10 - スタートメニューのリセット(初期化)
  6. Windows10 - 全画面表示のスタートを使う(オン/オフ)
  7. Windows10 - スタートメニュー - よく使うアプリの表示(設定)
  8. Windows10 のスタートメニューをシンプルにカスタマイズ
  9. Windows10 - よく使う設定をスタートメニューに配置(ピン留め)
  10. Windows10 - スタートメニュー - グループの変更と新規作成
  11. Windows10 - スタートメニューを縮小する方法
  12. Windows10 - アプリ一覧を非表示に - スタートメニュー

関連記事(一部広告含む)