Windows10 - 全画面表示のスタートを使う(オン/オフ)

Windows10 の全画面表示のスタートを使う方法を紹介します。

Windows10 のデフォルト設定では


このような「アプリ一覧」と「タイル」が表示されたスタートになっていますが


このように全画面表示のスタートを使うこともできるので

ここではその設定方法をみていきます。

また、全画面表示スタートの使い方も合わせてみていきます。

Windows10 - 全画面表示のスタートを使う(オン/オフ)

それでは実際に設定してみましょう。


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windowsの設定です。

「個人用設定」をクリックします。


個人用設定です。

左メニューの「スタート」をクリックします。


デフォルトの設定では「オフ」になっている

スポンサーリンク
  • 全画面表示のスタートを使う


を「オン」にしましょう。

これで設定完了です。


このようにスタートが全画面表示になります。

全画面表示スタートの使い方


全画面表示のスタートの左上には

  • メニュー
  • タイル
  • すべてのアプリ

のアイコン(ボタン)があります。


「メニュー」アイコンをクリックすると

このようにメニューが表示されます。


「タイル」アイコンをクリックすると

ピン留めしているタイル(アプリ)が表示されます。


「すべてのアプリ」アイコンをクリックすると

このようにインストールしている「すべてのアプリ」が表示されます。

スタートメニュー関連の人気記事

  1. Windows10 - スタートメニューの設定
  2. Windows10 - スタートメニューのカスタマイズ(アプリのタイル)
  3. Windows10 のスタートメニューをクラシック(Windows7)に変更 - Classic Shell
  4. Windows10 - スタートメニュー - グループの変更と新規作成
  5. Windows10 のスタートメニューをシンプルにカスタマイズ
  6. Windows10 - スタートメニューにアプリ一覧を表示/非表示
  7. Windows10 - よく使う設定をスタートメニューに配置(ピン留め)
  8. Windows10 - スタートメニューのリセット(初期化)
  9. Windows10 - 全画面表示のスタートを使う(オン/オフ)
  10. Windows10 - スタートメニューを縮小する方法
  11. Windows10 - スタートメニュー - よく使うアプリの表示(設定)

関連記事(一部広告含む)