Windows10 - スタートメニュー - よく使うアプリの表示(設定)

Windows10 のスタートメニューの「よく使うアプリ」の表示(設定)する方法を紹介します。


Windows10 のスタートメニューには、このように「よく使うアプリ」を表示することができます。

「よく使うアプリ」は、個別の特定アプリを非表示にしたりすることもできるので、ここではその方法を紹介します。

スタートメニュー - よく使うアプリの表示(設定)

それでは実際に設定方法をみていきます。


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windowsの設定です。

「個人用設定」をクリックします。


左メニューの「スタート」をクリックしましょう。


スタートの設定です。

  • よく使われるアプリを表示する


を「オン」にしましょう。


すると、このようにスタートメニューに「よく使うアプリ」が表示されます。

特定のアプリを非表示に

「よく使うアプリ」は、特定のアプリを非表示にすることができるので、ここではその方法を紹介します。


スタートメニューの「よく使うアプリ」の中から特定のアプリにマウスカーソルをもっていき

右クリックしましょう。


すると、このようにメニューが表示されるので「その他」から「この一覧に表示しない」をクリックしてみましょう。


すると、このように「よく使うアプリ」から特定のアプリを非表示にすることができます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

スタートメニュー関連の人気記事

  1. Windows10 - スタートメニューの設定
  2. Windows10 - スタートメニューのカスタマイズ(アプリのタイル)
  3. Windows10 のスタートメニューをクラシック(Windows7)に変更 - Classic Shell
  4. Windows10 - スタートメニューのリセット(初期化)
  5. Windows10 - スタートメニューにアプリ一覧を表示/非表示
  6. Windows10 - 全画面表示のスタートを使う(オン/オフ)
  7. Windows10 - スタートメニュー - よく使うアプリの表示(設定)
  8. Windows10 のスタートメニューをシンプルにカスタマイズ
  9. Windows10 - スタートメニュー - グループの変更と新規作成
  10. Windows10 - よく使う設定をスタートメニューに配置(ピン留め)
  11. Windows10 - スタートメニューを縮小する方法
  12. Windows10 - アプリ一覧を非表示に - スタートメニュー

関連記事(一部広告含む)