Windows10 - OneDrive 重要なフォルダーを保護

Windows10 の OneDrive で、重要なフォルダーを保護する設定を紹介します。

重要なフォルダーを保護の設定では

ドキュメント、デスクトップ、画像のフォルダーを同期することで、PC を紛失した場合でも、どこからでもほかのデバイスでアクセスできるようになります。

保護したいフォルダーを選択する方法をみていきます。

OneDrive 重要なフォルダーを保護

それでは実際に設定してみましょう。


タスクバーにある「OneDrive」のシステムアイコンにマウスカーソルをもっていき

右クリックすると


このようにメニューが表示されるので「設定」をクリックしましょう。


すると、「Microsoft OneDrive」ウィンドウが表示されるので

「バックアップ」タブをクリックしましょう。


バックアップです。

重要な PC のフォルダーを保護する
「デスクトップ」「ドキュメント」「画像」フォルダーを OneDrive にバックアップすると、ファイルが保護され、他のデバイスでも利用できるようになります。

「バックアップを管理」をクリックしましょう。


フォルダーをバックアップしましょう。

  • デスクトップ
  • 写真
  • ドキュメント

がバックアップされるように設定されています。

バックアップが不要であれば、そのフォルダーからチェックをはずしましょう。


準備ができたら、「バックアップの開始」をクリックします。


すると、OneDriveでファイルのバックアップがはじまります。

重要なファイルは現在同期しています。このウィンドウを閉じることができます。完了したら、ファイルは OneDrive を使用してどこからでも使用できます。

「同期の進行状況を表示」をクリックすると


ファイルの更新状況をみることができます。


「OneDrive は最新の状態です」と表示されれば、同期(バックアップ)の完了です。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

OneDrive関連の人気記事

  1. Windows10 - OneDriveのリンクを解除する方法
  2. Microsoft OneDrive の使い方と設定
  3. OneDrive(ブラウザ) - サインインとサインアウト
  4. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  5. Windows10 - OneDriveフォルダーを開く(クラウドストレージ)
  6. Windows10 - OneDrive(クラウドストレージ)の基本設定
  7. Windows10 - OneDrive のアンインストール(削除)
  8. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  9. Windows10 - 削除した OneDrive を再インストールする方法
  10. Windows10 - OneDrive を自動起動しないように設定
  11. Microsoft OneDrive - ブラウザーで空き容量/使用可能な容量を確認
  12. Windows10 - OneDrive 同期するフォルダーの選択(変更)
  13. iPhone/iPad - Microsoft OneDrive にアクセス -アプリ「OneDrive」
  14. Windows10 - OneDrive を使ってみた(サインイン)
  15. Windows10 - OneDrive の通知の設定(オン/オフ)

関連記事(一部広告含む)