今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - ローカルグループポリシーエディターを起動する方法
  5. Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法

Windows10 - OneDrive 重要なフォルダーを保護(フォルダーの選択)

スポンサーリンク

Windows10 の OneDrive で、重要なフォルダーを保護する設定を紹介します。

重要なフォルダーを保護の設定では

ドキュメント、デスクトップ、画像のフォルダーを同期することで、PC を紛失した場合でも、どこからでもほかのデバイスでアクセスできるようになります。

保護したいフォルダーを選択する方法をみていきます。

OneDrive 重要なフォルダーを保護(フォルダーの選択)

それでは実際に設定してみましょう。


タスクバーにある「iCloud」のシステムアイコンにマウスカーソルをもっていき

右クリックすると


このようにメニューが表示されるので「設定」をクリックしましょう。


すると、「Microsoft OneDrive」ウィンドウが表示されるので

「自動保存」タブをクリックしましょう。


自動保存です。

重要なフォルダーを保護する
この PC からドキュメント、デスクトップ、画像のフォルダーを動悸すれば、この PC を紛失した場合でも、どこからでも他のデバイスでアクセスできます。

「フォルダーの更新」をクリックしましょう。

スポンサーリンク


重要なフォルダーの保護の設定です。

  • デスクトップ
  • 写真
  • ドキュメント

が保護されるように設定されています。


「保護の開始」をクリックします。

保護が不要であれば、そのフォルダーからチェックをはずしましょう。


すると、OneDriveでファイルの保護がはじまります。

重要なファイルは現在同期しています。このウィンドウを閉じることができます。完了したら、ファイルは OneDrive を使用してどこからでも使用できます。

「同期の進行状況を表示」をクリックすると


ファイルの更新状況をみることができます。


「OneDrive は最新の状態です」と表示されれば、同期の完了です。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)