Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」

Last Update:

Mac で Microsoft OneDrive を使う方法を紹介します。

Microsoft OneDrive にファイルを保存すると、Windows、Mac、iPhone……といったさまざまなデバイスからアクセスすることができます。

Macアプリ「OneDrive」

Microsoft は、Macユーザーが OneDrive にアクセスするためのMacアプリ「OneDrive」を開発・提供しているので、こちらをインストールしましょう。

OneDrive - Microsoft Corporation

価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化
© Microsoft Corporation.

それでは実際にインストールしたアプリ「OneDrive」を使ってみましょう。


インストールしたアプリ「OneDrive」を起動しましょう。


起動すると「Microsoft OneDrive」というウィンドウが表示されます。

「Microsoftアカウントのメールアドレス」を入力し、「サインイン」をクリックしましょう。

  • 個人用
  • 職場または学校

のどちらかを選択しましょう。


「パスワード」を入力し、「サインイン」しましょう。


OnDriveフォルダーの設定です。

右下の「OneDriveフォルダーの場所を選択」をクリックします。


選択したフォルダーはここに表示されます。

問題なければ、「次へ」をクリックしましょう。


OneDrive 内のファイルの同期設定です。

  • OneDrive のすべてのファイルとフォルダーを同期

を選択するか、あるいは同期するフォルダーのみを選択しましょう。

設定したら、「次へ」をクリックします。


OneDrive の準備ができました。

必要であれば、次の項目にチェックを入れましょう。

  • ファイルが自動的に同期されるようにログイン時に開く


「OneDrive フォルダーを開く」をクリックすると


このように Finder が起動し、「OneDrive フォルダー」を確認することができます。


メニューバーの「雲マーク?」のOneDriveアイコンが表示されるので、それをクリックすると


このようにOneDriveメニューが表示されます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

OneDrive関連の人気記事

  1. Windows10 - OneDriveのリンクを解除する方法
  2. Microsoft OneDrive の使い方と設定
  3. OneDrive(ブラウザ) - サインインとサインアウト
  4. Windows10 - OneDriveフォルダーを開く(クラウドストレージ)
  5. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  6. Windows10 - OneDrive(クラウドストレージ)の基本設定
  7. Windows10 - OneDrive のアンインストール(削除)
  8. Windows10 - 削除した OneDrive を再インストールする方法
  9. Windows10 - OneDrive を自動起動しないように設定
  10. Microsoft OneDrive - ブラウザーで空き容量/使用可能な容量を確認
  11. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  12. Windows10 - OneDrive 同期するフォルダーの選択(変更)
  13. iPhone/iPad - Microsoft OneDrive にアクセス -アプリ「OneDrive」
  14. Windows10 - OneDrive の通知の設定(オン/オフ)
  15. Windows10 - OneDrive の個人用 Vault の使い方(ロック解除)

関連記事(一部広告含む)