今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  4. Windows10 - ファイルの拡張子を表示/非表示にする
  5. Windows10 - アプリ「Sticky Notes(付箋)」を使ってみた

OneDrive - 空き容量/使用可能な容量を確認

スポンサーリンク

Microsoftが提供しているオンラインストレージサービス「OneDrive」の空き容量/使用可能な(最大)容量を確認する方法を紹介します。

「ブラウサー」「iOSアプリ OneDrive」で確認する方法を紹介します。

ブラウザーで確認

onedrive-free-space-01
右上にある「サインイン」をクリックします。

※ OneDriveを初めて使う方は「新規登録」をクリックしましょう。

onedrive-free-space-02
クリックするとサインインページが表示されるので、「Microsoftアカウント」「パスワード」を入力し「サインイン」をクリックします。

onedrive-free-space-03
クリックすると「OneDrive」にサインインし、このようにフォルダーやファイル表示されます。左カラムの下の方をみると「空き容量」を確認することができます。この例では「8.14GB」が空き容量になります。

スポンサーリンク

onedrive-free-space-04
左カラムの「ディスク容量を追加する」をクリックします。

onedrive-free-space-05
クリックすると「使用可能な容量」と「空き容量」を確認することができます。

iOSアプリ「OneDrive」

onedrive-free-space-06
アプリ「OneDrive」を起動し、右下の歯車マーク「設定」をタップします。

onedrive-free-space-07
すると設定画面が表示されるので、ストレージ項目から「空き容量/使用可能な容量」を確認することができます。

関連記事(一部広告含む)