Microsoft Office Online を使ってみた

スポンサーリンク

Microsoft Office Online を使ってみたので、簡単な使い方を紹介します。

Microsoft Office Onlineとは、「Word」「Excel」「PowerPoint」……などのアプリケーションがブラウザーで利用できるWebサービスのことです。

OneDriveと呼ばれるオンラインストレージ上にファイルを保存するため、WindowsでもMacでも、いつでもどこでもインターネット環境とブラウザーさえあれば、ファイルを閲覧・編集することができます。

便利そうなので、早速使ってみました。

Microsoft Office Online を使ってみた

「Microsoft Office Online」へアクセスします。以下のリンクをクリックしてください。
» https://office.com/start/default.aspx

microsoft-office-online-01
Office Onlineのページです。右上の「サインイン」をクリックします。

microsoft-office-online-02
クリックすると、「サインイン」ポップアップが表示されるので「Office Online」で使用する「メールアドレス」を入力し、次へをクリックします。

※ Microsoftアカウントのメールアドレスを入力した場合は、Microsoftアカウントのサインインページへジャンプします。

※ 入力したメールアドレスがMicrosoftアカウントでない場合は、新しいアカウントの登録メッセージが表示されます。

microsoft-office-online-03
Microsoftアカウントのページです。「パスワード」を入力し、「サインイン」をクリックします。

microsoft-office-online-04
サインインすると、このように「ユーザー名」が表示されます。

これで準備完了です。

microsoft-office-online-05
「Excel Online」を使ってみましょう。

スポンサーリンク

microsoft-office-online-06
「Excel Online」をクリックすると、「始めましょう」というメッセージが表示され、「空白のブックを新規作成」「テンプレートを参照」「OneDriveで最近使用したドキュメント」という3つの選択項目が表示されます。

ここでは「空白のブックを新規作成」をクリックしてみます。

microsoft-office-online-07
すると、このように見慣れたExcel画面がブラウザー上に表示されます。

適当に編集してみましょう。

microsoft-office-online-08
このように数値や文字列はもちろんのこと、グラフなんかも簡単に使うことができます。

microsoft-office-online-09
「ファイル」をクリックすると、

microsoft-office-online-10
このようにファイルを保存することができます。デスクトップ版のExcelと同じですね。

microsoft-office-online-11
「OneDrive」や他のサービスを利用する場合は、左上の「∨」をクリックします。

microsoft-office-online-12
すると、このように利用可能なサービス一覧が表示されるので、どれかをクリックすればOKです。

他のアプリケーションもデスクトップ版と同様の操作で利用できるので、おすすめのWebサービスです。

関連記事(一部広告含む)