MENU

Windows10 – アプリ「Microsoft To Do」を使ってみた

Windows10のアプリ「Microsoft To Do」を使ってみたので、その使い方を紹介します。

目次

Microsoft To Do

アプリ「Microsoft To Do」は、Microsoftが開発・配布しているタスク管理(To Do)アプリケーションです。


このようにシンプルな「To Do」アプリで、Microsoftアカウントを使って他のデバイスと同期することもできます。

タスクには「期日」「通知」「繰り返し(毎日など)」を設定することができます。

Microsoft To Doの使い方

それでは実際に使ってみましょう。


スタートメニューからアプリ「Microsoft To Do」を起動しましょう。

Micrisoft To Do へようこそ


「サインイン」をクリックします。

サインイン


Microsoftアカウントへのサインインです。①使用するアカウントを選択し、②「続行」をクリックします。


①「パスワード」を入力し、②「サインイン」しましょう。

タスクバーにピン留め


アプリ「Microsoft To Do」をタスクバーにピン留めしますか?「はい」「いいえ」のどちらかを選択しましょう。

Microsoft To Do


Microsoft To Doです。「タスクの追加」をクリックしましょう。

タスクの追加


タスクを入力し(ここでは「宿題」)

タスクのオプション


必要であればオプションを設定しましょう。

  • Tasks, リストの選択
    タスクのリストを選択
  • 期限日の追加
    タスクの期日を追加
  • 通知する
    通知する時間を設定
  • 繰り返し
    タスクを特定の頻度(例えば、毎日)で繰り返し

期日の追加


例えば、「期日を追加」をクリックすると


タスクの期日を選択することができます。

タスクの入力とオプションを設定したらEnterキーを押しましょう。


これでタスク(To Do)の追加完了です。

タスクの完了

タスクが完了したら


完了したタスクをクリックしましょう。


すると、タスクにチェックが入り、完了済みのタスクにカテゴライズされます。

Windows10 の使い方と設定

関連記事

目次
閉じる