Windows10 - アプリ「メール」を使ってみた

Windows10 のアプリ「メール」を使ってみたので、簡単な使い方・初期設定を紹介します。

Windows10 に標準搭載されているメーラー・アプリ「メール」では Microsoft が提供している outlook メールだけではなく次のようなさまざまなメールアドレスを一元管理できるようになっています。

  • Outlook.com
  • Exchange
  • Google
  • iCloud
  • その他のアカウント(POP、IMAP)

アプリ「メール」を使ってみた

それではアプリ「メール」を使ってみましょう。

Microsoftアカウント

Microsoftアカウントで「outlook」「hotmail」などMicrosoftが提供しているメールアドレスを使用している場合。


スタートメニューの右側にアプリ・タイル「メール」をクリックします。


メールが起動し


自動的にメールが追加されます。

「OK」をクリックしましょう。

これでメールが利用可能になります。


左下の「歯車」アイコンをクリックすると

メニューが表示されるので 「アカウントの管理」をクリックしましょう。


すると、このようにoutlookメールが追加されていることがわかります。

ローカルアカウント

ローカルアカウント、あるいは Microsoftアカウント で「icloudメール」を使用している場合。


アプリ「メール」を起動し


「アカウントの追加」をクリックしましょう。


すると、「アカウントの追加」というポップアップがが表示されます。

  • Outlook.com
  • Exchange
  • Google
  • iCloud
  • その他のアカウント(POP、IMAP)

追加したい「メール」を選択し、「サインイン」すれば、OKです。

アプリ関連の人気記事

  1. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  2. Windows10 - アプリのスタートアップを無効に(削除)
  3. Windows10 - バックグラウンドで実行しているアプリを停止する方法
  4. Windows10 - アプリ「アラーム&クロック」を使ってみた
  5. Windows10 に Windows Media Player をインストールする
  6. Windows10 - クリップボード履歴の設定と使い方(オン/オフ)
  7. Windows10 - 既定のアプリを選択(変更)する方法
  8. Windows10 - Internet Explorerをインストールする
  9. Windows10 - Google Chrome のインストール(既定のブラウザ)
  10. Windows10 - 手書き入力ノート・アプリ「Windows Journal」を使ってみた
  11. Windows10 - Internet Explorer のアンインストール(削除)
  12. Windows10 - 既定(デフォルト)の Web ブラウザーを設定
  13. Windows10 - アプリ「カレンダー」を使ってみた
  14. Windows10 - アプリを互換モードで実行する方法
  15. Windows10 - OneDrive のアンインストール(削除)

関連記事(一部広告含む)