今日の人気記事

  1. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

Windows10 - アプリ「メール」を使ってみた

スポンサーリンク

Windows10 のアプリ「メール」を使ってみたので、簡単な使い方・初期設定を紹介します。

Windows10 に標準搭載されているメーラー・アプリ「メール」では Microsoft が提供している outlook メールだけではなく次のようなさまざまなメールアドレスを一元管理できるようになっています。

  • Outlook.com
  • Exchange
  • Google
  • iCloud
  • その他のアカウント(POP、IMAP)

アプリ「メール」を使ってみた

それではアプリ「メール」を使ってみましょう。

スポンサーリンク

windows-10-app-mail-01
スタートメニューの右側にあるスタート画面のアプリ・タイル「メール」をクリックします。

windows-10-app-mail-02
はじめてアプリ「メール」を起動すると「ようこそ」という画面が表示されるので、「使ってみる」をクリックします。

メールを全部ここに集めて、シンプルにしましょう。

windows-10-app-mail-03
「まず、アカウントを追加しましょう」と表示されるので、「開始」をクリックします。

windows-10-app-mail-04
左下の「歯車」アイコンをクリックすると

windows-10-app-mail-05
右側にメニューが表示されるので「アカウント」をクリックします。

windows-10-app-mail-06
「+ アカウントの追加」をクリックします。

windows-10-app-mail-07
アカウントの選択です。自分が利用しているメールアドレスのサービスをクリックしましょう。

  • Outlook.com
  • Exchange
  • Google
  • iCloud
  • その他のアカウント(POP、IMAP)

ここでは「iCloud」を選択しています。

windows-10-app-mail-08
「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「サインイン」をクリックします。

windows-10-app-mail-09
「表示名」を入力します。

windows-10-app-mail-10
アカウントが正しくセットアップされました。「完了」をクリックします。

windows-10-app-mail-11
アカウント追加の完了です。

windows-10-app-mail-12
追加したアカウントは「未同期」なので、

windows-10-app-mail-13
右上の「更新」アイコンをクリックします。

windows-10-app-mail-14
すると、このようにメールを閲覧することができるようになります。

スポンサーリンク

関連記事と広告