MENU

Windows10 – アプリ「メール」を使ってみた

Windows10 のアプリ「メール」を使ってみたので、簡単な使い方・初期設定を紹介します。

目次

アプリ「メール」

Windows10 に標準搭載されているアプリ「メール」では Microsoft が提供している outlook メールだけではなく次のようなさまざまなメールアドレスを一元管理できるようになっています。

  • Outlook.com
  • Exchange
  • Google
  • iCloud
  • その他のアカウント(POP、IMAP)

それではアプリ「メール」を使ってみましょう。

Microsoftアカウント – アプリ「メール」

Microsoftアカウントで「outlook」「hotmail」などMicrosoftが提供しているメールアドレスを使用している場合。


スタートメニューの右側にアプリ・タイル「メール」をクリックします。


メールが起動し


自動的にメールが追加されます。

「OK」をクリックしましょう。

これでメールが利用可能になります。


左下の「歯車」アイコンをクリックすると

メニューが表示されるので 「アカウントの管理」をクリックしましょう。


すると、このようにoutlookメールが追加されていることがわかります。

ローカルアカウント – アプリ「メール」

ローカルアカウント、あるいは Microsoftアカウントで「outlookメール」ではないメールを使用している場合。


アプリ「メール」を起動し


「アカウントの追加」をクリックしましょう。


すると、「アカウントの追加」というポップアップがが表示されます。

  • Outlook.com
  • Exchange
  • Google
  • iCloud
  • その他のアカウント(POP、IMAP)

追加したい「メール」を選択し、「サインイン」すれば、OKです。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
URLをコピーする
URLをコピーしました!

関連記事

目次
閉じる