今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 の使い方と設定
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

Apple TV(第4世代) - AirPlay のアクセス制御

スポンサーリンク

Apple TV(第4世代)に AirPlay で接続する際のアクセス制御を設定する方法を紹介します。

AirPlay のアクセス制御では、AirPlay を使用してApple TV に接続する Mac/iPhone/iPad のデバイスに「パスコード」や「パスワード」を要求することができます。

デバイスを検証するためにオンスクリーンコード(パスコード)を要求することもできます。

AirPlay のアクセス制御

それでは実際にアクセス制御を設定してみましょう。

スポンサーリンク

apple-tv-4th-gen-airplay-security-1
Apple TV のホーム画面を下へスクロールし

apple-tv-4th-gen-airplay-security-2
「設定」を選択します。

apple-tv-4th-gen-airplay-security-3
「設定」画面です。

「AirPlay」を選択します。

apple-tv-4th-gen-airplay-security-4
アクセス制御には2つの項目があります。ひとつずつみていきましょう。

セキュリティ

apple-tv-4th-gen-airplay-security-5
「セキュリティ」を選択します。

apple-tv-4th-gen-airplay-security-6
AirPlay を使用してApple TVに接続するデバイスのセキュリティ設定を変更します。

  • なし
  • パスコード
  • パスワード

apple-tv-4th-gen-airplay-security-7
ここでは「パスコード」を選択してみます。

apple-tv-4th-gen-airplay-security-8
すると、このようにアクセス制御のセキュリティが「パスコード」に設定されました。

iPhone などのデバイスを使って、AirPlay を実行してみましょう。

apple-tv-4th-gen-airplay-security-9
すると、このように Apple TV に「AirPlay パスコード」が表示されるので、デバイスにパスコードを入力しましょう。

パスコードを適切に入力すると AirPlay を行うことができます。

apple-tv-4th-gen-airplay-security-10
「デバイスの検証が必要」を選択すると「オン/オフ」が切り替わります。

この設定を「オン」にすると AirPlay を使用するデバイスにオンスクリーンコードという「パスワード」を要求するようになります。

スポンサーリンク

関連記事と広告