今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - アプリ「付箋」を使ってみた
  3. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  4. Windows10 - ローカルグループポリシーエディターを起動する方法
  5. Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法

Google Chrome - 翻訳ツールの表示設定(オン/オフ)

スポンサーリンク

Google Chromeの翻訳ツールの表示を設定する方法を紹介します。


Chrome で、外国語のWebサイトを訪問すると、このように「翻訳ツール」が表示されます。

よくアクセスするサイトで翻訳しなくても使い方を知っている、あるいは英語が堪能で翻訳は不要という方は、この機能を無効にしておきたほうがいいのかもしれません。毎回毎回、翻訳ツールバーが表示されると邪魔ですしね……。

ということで、ここでは翻訳ツールバーを有効/無効にする方法を紹介します。

翻訳ツールをオン/オフ


Google Chrome を起動し

画面の右上にある「︙」をクリックします。


すると、このようにメニューが表示されるので

「設定」をクリックしましょう。

スポンサーリンク


すると、設定画面が表示されるので、下のほうにある「詳細設定を表示」をクリックします。


画面をスクロールし

「言語」をクリックしましょう。

翻訳ツールを有効に


翻訳ツールバーを有効する場合は「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」を「オン」にしましょう。

翻訳ツールバーを無効に


翻訳ツールバーを無効する場合は「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」を「オフ」にしましょう。

関連記事(一部広告含む)