Google Chrome タブのメモリを自動解放(メモリ節約)

ここでは Google が開発・配布しているWebブラウザー「Google Chrome」のタブのメモリを自動開放する方法を紹介します。

Google Chrome といえば! 描画速度が速いことで有名なブラウザのひとつですが……メモリの使用量もやたらと多いことでも有名です。

多くのタブを開いたままにしていると……他のアプリやシステムに必要なメモリまで使ってしまいそうな勢いでメモリを使っちゃいます。

そんなときの対策のひとつして、「タブのメモリを自動解放」する設定をみていきます。

タブのメモリを自動解放

それでは実際に設定してみましょう。


Google Chrome を起動し


上部の URL が表示されている部分に

chrome://flags

と入力し、Enterキーを押します。


すると、このような設定画面が表示されます。

これらの試験運用版は問題が発生する可能性があるため、ご利用の際には十分ご注意ください

とのことです。使用の際は注意しましょう。

画面を下へスクロールし


「タブのメモリを自動開放する 」という項目を探しましょう。

有効にした場合、システムのメモリが少なくなったときにタブのメモリが自動的に解放されます。メモリが解放されたタブは引き続きタブバーに表示され、クリックすると再読込されます。メモリが開放されたタブの情報は chrome://discards で確認できます。


選択項目をクリックし

  • 既定
  • 有効
  • 無効

から有効を選択しましょう。


これで設定完了です。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Google Chrome関連の人気記事

  1. Google Chrome のアップデート(更新)とバージョンの確認
  2. Chrome - ブックマークをエクスポート・インポート
  3. Windows10 - Google Chrome のインストール(既定のブラウザ)
  4. Google Chrome - flags(試験運用版の機能)の使い方
  5. Google Chrome - ホームボタンの表示と設定
  6. Google Chrome - 開いてるタブを保存し、再起動時に復元する方法
  7. Google Chrome ダウンロードファイルの保存場所の確認・変更
  8. Google Chrome - 新しいタブに特定のページを表示 - 拡張機能「New Tab Redirect」
  9. Chrome ハードウェア・アクセラレーションをオフに(無効に)
  10. Chrome拡張機能 - スクロールが必要な縦長WEB画面をキャプチャ - Full Page Screen Capture
  11. Google Chrome - 翻訳ツールの表示設定(オン/オフ)
  12. Google Chrome - 起動時に特定のページ/ページセットを表示
  13. Google Chrome - 拡張機能のアイコンを表示/非表示
  14. Google Chrome の使い方と設定
  15. Chrome - すべてのブックマークを一括削除

関連記事(一部広告含む)