Google Chrome - 新しいタブにアプリ一覧を表示 - 拡張機能「New Tab Redirect」

Google Chrome拡張機能「New Tab Redirect」を使って、新しいタブを開いたときにアプリ一覧画面を表示する方法を紹介します。

拡張機能「New Tab Redirect」


拡張機能を追加するために「+ CHROME に追加」ボタンをクリックします。


すると、「New Tab Redirect を追加しますか?」というポップアップが表示されるので

「拡張機能を追加」をクリックします。


すると、Welcom! というチュートリアル・ページが表示されるので

ちらっとみておきましょう。

新しいタブの設定

それでは早速、拡張機能「New Tab Redirect」を使って、新しいタブを設定してみましょう。


画面右上の「アイコン」をクリックします。


すると、メニューが表示されるので

「オプション」をクリックしましょう。


すると、「New Tab Redirect Options」ページが表示されるので

「Chrome Apps」をクリックしましょう。


「Options saved!」と表示されれば

設定完了です。


早速、「新しいタブ」を開いてみましょう。


すると、このようにアプリ一覧が表示されます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Google Chrome関連の人気記事

  1. Google Chrome のアップデート(更新)とバージョンの確認
  2. Chrome - ブックマークをエクスポート・インポート
  3. Windows10 - Google Chrome のインストール(既定のブラウザ)
  4. Google Chrome - flags(試験運用版の機能)の使い方
  5. Google Chrome - ホームボタンの表示と設定
  6. Google Chrome ダウンロードファイルの保存場所の確認・変更
  7. Google Chrome - 開いてるタブを保存し、再起動時に復元する方法
  8. Chrome ハードウェア・アクセラレーションをオフに(無効に)
  9. Chrome拡張機能 - スクロールが必要な縦長WEB画面をキャプチャ - Full Page Screen Capture
  10. Google Chrome - 新しいタブに特定のページを表示 - 拡張機能「New Tab Redirect」
  11. Google Chrome - 起動時に特定のページ/ページセットを表示
  12. Google Chrome - 拡張機能のアイコンを表示/非表示
  13. Google Chrome - 翻訳ツールの表示設定(オン/オフ)
  14. Chrome - すべてのブックマークを一括削除
  15. Google Chrome の使い方と設定

関連記事(一部広告含む)