Google Chrome - 開いてるタブを保存し、再起動時に復元する方法

Google Chrome の開いてるタブを保存し、再起動時に復元する方法を紹介します。


このようにたくさんのタブを開いている状態で、システムのアップデートによる再起動が必要になった!

あるいは、今日はもう疲れたから明日引き続き作業を行いたい場合……など、開いたタブを保存し、再起動時に復元したいなぁーという状況はよくあるでしょう。

ということで、ここでは次回起動時に前回開いていたタブを復元する方法を紹介します。

Google Chrome - 開いてるタブを保存し、再起動時に復元


Chrome ウィンドウの右上にあるメニューアイコン「︙」をクリックします。


すると、このようにメニューが表示されるので

「設定」をクリックします。


設定の「起動時」というところにある

  • 新しいタブページを開く
  • 前回開いていたページ
  • 特定のページまたはページセットを開く


から「前回開いていたページを開く」を選択しましょう。

これで設定完了です。

タブを開いたまま、Chrome を終了させ、もう一度起動してみましょう。


すると、このように開いていたタブが復元されます。

明日やろうかなぁーという作業のメモとして、いくつかページを開いてから Chrome を終了させておくと! リマインダー代わりになるので、おすすめ設定です。

Google Chrome関連の人気記事

  1. Chrome - ブックマークをエクスポート・インポート
  2. Google Chrome のアップデート(更新)とバージョンの確認
  3. Chrome ハードウェア・アクセラレーションをオフに(無効に)
  4. Google Chrome - 新しいタブに特定のページを表示 - 拡張機能「New Tab Redirect」
  5. Google Chrome - ホームボタンの表示と設定
  6. Google Chrome - 拡張機能のアイコンを表示/非表示
  7. Google Chrome - 翻訳ツールの表示設定(オン/オフ)
  8. Google Chrome ダウンロードファイルの保存場所の確認・変更
  9. Google Chrome - 開いてるタブを保存し、再起動時に復元する方法
  10. Windows10 - Google Chrome のインストール(既定のブラウザ)
  11. Chrome拡張機能 - スクロールが必要な縦長WEB画面をキャプチャ - Full Page Screen Capture
  12. Google Chrome - 起動時に特定のページ/ページセットを表示
  13. Google Chrome タブのメモリを自動解放(メモリ節約)
  14. Google Chrome の使い方と設定
  15. Google Chrome タスクマネージャを使って、メモリを手動解放

関連記事(一部広告含む)