MENU

Google Chrome - 省エネモードを有効する方法

Google Chrome の省エネモードを有効にする方法を紹介します。

Google Chrome には、省エネモードが用意されています。省エネモードを有効にすると、バックグラウンド アクティビティと視覚効果(滑らかなスクロールや動画のフレームレートなど)を制限することで、バッテリーを節約します。

ここでは Google Chrome の省エネモードを有効にする方法をみていきます。

省エネモードを有効する方法は?

Google Chrome の省エネモードを有効する方法は次の手順です。

  1. [Google Chrome] を起動する

  2. [chrome://flags/] にアクセスする


    アドレスバーに [chrome://flags/] と入力し、Enter キーを押します。

  3. [Enable the battery saver mode feature in the settings] を無効にする

    1. [saver] を検索し
    2. Enable the battery saver mode feature in the settings の [Enabled] を選択します。
    3. [Relaunch] をクリックし、Chrome を再起動しましょう。
  4. [設定] を開く

    1. 右上の [︙] を選択し
    2. [設定] をクリックします。
  5. [パフォーマンス] を選択する


    Google Chrome の設定です。左メニューの [パフォーマンス] を選択しましょう。

  6. [省エネモード] を有効にする


    [省エネモード] を [オン] にしましょう。

  7. [省エネモード] を設定する


    省エネモードを有効にしてバッテリーを節約するタイミングを設定しましょう。

    • バッテリー残量が 20% イカの場合にのみオンにする
    • パソコンが電源に接続されていないときにオンにする

これで Google Chrome の省エネモードを有効する方法の解説は終了です。

Google Chrome の人気記事