MENU

Google Chrome タスクマネージャを使って、メモリを手動解放する方法

ここでは Google が開発・配布しているWebブラウザー「Google Chrome」のタスクマネージャを使って、メモリを手動で開放する方法を紹介します。

目次

Google Chromeのタスクマネージャー

Google Chrome にはプロセスを管理する「Windows のタスクマネージャー」みたいな機能が備わっています。

Chrome のタスクマネジャーを使えば、メモリ消費量の多い「タブ」を終了し、メモリを手動開放することができるので、ここではその方法をみていきます。

Google Chrome – メモリの手動解放

まずは Google Chrome を起動しましょう。

画面右上のアイコンをクリックすると

このようにメニューが表示されるので、①「その他のツール」にマウスカーソルをもっていき、②「タスクマネージャ」をクリックします。

タスクマネージャ

タスクマネージャです。タスクマネージャでは、次の項目を確認することができます。

  • タスク
  • メモリ使用量
  • CPU
  • ネットワーク
  • プロセスID

※ タスクマネージャはショートカットキー「Shift + Esc」で表示することもできます。

タブ(プロセス)の終了

それではメモリ消費量の多い「タブ」を終了してみましょう。

メモリ消費量の多いタスクを選択し、「プロセスを終了」をクリックすれば、OKです。

これでメモリが解放されます。

Google Chrome タブのメモリ自動解放

Windowsのタスクマネージャー

Google Chromeの使い方と設定

関連記事

目次
閉じる