Google Chrome - flags(試験運用版の機能)の使い方

Last Update:

Google Chromeの試験運用版(ベータ版)の機能を使用する方法を紹介します。

試験運用版の機能には、安定版のGoogle Chromeには採用されていない、多く機能が用意されています。

ただし! 試験運用版の機能を有効にすると、ブラウザのデータが失われたり、セキュリティが侵害されたりする可能性があるので、注意しましょう。

Chrome - 試験運用版の機能の使い方

それでは実際に使い方をみていきます。

Google Chrome を起動し

chrome://flags


上部メニューに「chrome://flags」と入力し、Enterキーを押しましょう。

試験運用版の機能


すると、試験運用版の機能が表示されます。

Experiments
試験運用版の機能です。これらの機能を有効にすると、ブラウザのデータが失われたり、セキュリティが侵害されたりする可能性があります。

検索


試してみたい機能を検索し


ここでは「media key」を検索してみました。

機能を有効に


試験版の機能を使いたい場合は


「Enabled(有効)」にすれば、OKです。これでこの試験運用版の機能を使用することができます。

Google Chromeの使い方と設定

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Google Chrome関連の人気記事

  1. Chrome - ブックマークをエクスポート・インポート
  2. Google Chrome のアップデート(更新)とバージョンの確認
  3. Windows10 - Google Chrome のインストール(既定のブラウザ)
  4. Google Chrome - flags(試験運用版の機能)の使い方
  5. Google Chrome - ホームボタンの表示と設定
  6. Chrome ハードウェア・アクセラレーションをオフに(無効に)
  7. Google Chrome - 開いてるタブを保存し、再起動時に復元する方法
  8. Google Chrome ダウンロードファイルの保存場所の確認・変更
  9. Google Chrome - 翻訳ツールの表示設定(オン/オフ)
  10. Google Chrome - 拡張機能のアイコンを表示/非表示
  11. Google Chrome - 新しいタブに特定のページを表示 - 拡張機能「New Tab Redirect」
  12. Google Chrome - 起動時に特定のページ/ページセットを表示
  13. Chrome拡張機能 - スクロールが必要な縦長WEB画面をキャプチャ - Full Page Screen Capture
  14. Google Chrome の使い方と設定
  15. Chrome - ショートカットキーの一覧表(まとめ)

関連記事(一部広告含む)