今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - Windows Update 更新プログラム
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 の使い方と設定

Google Chrome - クッキー(Cookie)を有効/無効に

スポンサーリンク

Google Chromeのクッキー(Cookie)を有効、あるいは無効にする方法を紹介します。

クッキーとは、Webサーバーがブラウザーに保存する情報のことです。クッキーには、訪れたサイトのIDや日時……などが保存されており、次回そのサイトに訪れたときに前回の設定を引き継いだりすることができます。

それではCookieの設定方法をみてみましょう。

スポンサーリンク

Chrome - クッキー(Cookie)を有効/無効に

chrome-cookie-01
Chromeを起動し、右上にある「≡」をクリックします。

chrome-cookie-02
クリックするとメニューが表示されるので、その中から「設定」をクリックします。

chrome-cookie-03
クリックすると設定画面が表示されるので、下のほうにある「詳細設定を表示」をクリックします。

chrome-cookie-04
クリックすると詳細設定が表示されるので、下のほうにあるプライバシー項目の「コンテンツの設定」をクリックします。

chrome-cookie-05
クリックすると「コンテンツの設定」ポップアップが表示されるので、以下を参考にCookie項目を選択し「完了」をクリックします。

クッキーを有効に → ローカルへのデータ設定を許可する(推奨)
クッキーを無効に → サイトからのデータ設定をすべてブロック

※ 「ブラウザを終了するまでローカルデータを保存する」を選択するとクッキーは有効になりますが、Chrome終了時に全て削除されます。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)