MENU

Windows11|バッテリー節約機能を設定する方法

Windows 11のバッテリー節約機能を設定する方法を紹介します。

バッテリー節約機能

Windows 11には、バッテリー節約機能があります。

バッテリー節約機能は手動で有効/無効を切り替えることができます。また、バッテリー残量が少なくなった場合に自動で有効になり、バッテリーを節約してくれます。

ちなみにバッテリー節約機能を自動で有効にするバッテリーの残量「割合(%)」はお好みで設定することができます(初期設定では「20%」)。

バッテリー節約機能が有効になった場合に画面の明るさを下げる(暗くする)といった設定もあるので、設定方法をあわせて覚えておきましょう。

それでは実際に設定方法をみていきます。

バッテリー節約機能をオン/オフ

バッテリー節約機能をオン/オフにする方法をみていきます。

タスクバーの右の方にある「バッテリー」アイコンをクリックしましょう。

すると、このようにバッテリー節約機能のオン/オフを切り替えることができます。

バッテリー節約機能の設定

バッテリー節約機能の設定する方法をみていきます。

①「Windowsロゴ」を右クリックし
②「設定」をクリックしましょう。

Windowsの設定

Windowsの設定です。
①左メニューの「システム」を選択し
②「電源&バッテリー」をクリックしましょう。

電源&バッテリー

電源&バッテリーの設定です。
「バッテリー節約機能」をクリックしましょう。

バッテリー節約機能

バッテリーを節約したい場合は、バッテリー節約機能の「今すぐ有効にする」をクリックしましょう。

バッテリー節約機能を自動的にオン

バッテリーの残量が次の値になったら、バッテリー節約機能が自動的にオンになります。

※ デフォルトでは、20%になっています。お好みで変更しましょう。

画面の明るさを下げる

バッテリー節約機能が有効な場合は画面の明るさを下げることができます。オン/オフを設定しましょう。

Windows 11 関連の記事

その他のWindows 11関連の記事です。合わせてご覧ください。