今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Instagram(インスタグラム) - ログイン・ログアウト - ブラウザ
  3. Windows10 - ローカルグループポリシーエディターを起動する方法
  4. Windows10 - 新規ローカルアカウントの作成
  5. 【2018年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ

iPhone - Apple Pay にクレジットカードを追加(設定)

スポンサーリンク

Apple Pay にクレジットカードを追加(設定)する方法を紹介します。

Apple Pay は「おサイフケータイ」みたいなもので

あらかじめクレジットーカードを追加しておくと、iPhoneで交通機関を利用したり、お店でお支払いすることができます。

iPhone - Apple Pay にクレジットカードを追加(設定)

それでは実際にクレジットカードを追加してみましょう。

ホーム画面から「Wallet」を起動しましょう。

すると、次のようなポップアップが表示されるので

Wallet の使用中に位置情報の利用を許可しますか?
位置情報は、関連するパスの表示、カードの設定、店舗所在地の特定のために使用されます。

「許可」をタップしましょう。

「カードを追加」をタップしましょう。

Apple Pay です。

「続ける」をタップしましょう。

Apple Pay に追加するカードの選択です。

「クレジット/プリペイドカード」をタップしましょう。

スポンサーリンク

カードの追加です。

iTunesまたはApp Storeで登録履歴がある場合は、そのカードが表示されるので「セキュリティコード」を入力しましょう。

登録履歴がない場合はカメラでカードを読み取る操作が必要になります。

「次へ」をタップします。

利用条件です。

「同意する」をタップしましょう。

カードがWalletに追加されました。

クレッジトカードに応じて「QUICPay」か「iD」のどちらかに紐付けられます。

「完了」をタップしましょう。

これでクレジットカードの追加は完了です。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)