今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法
  3. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  4. Windows10 - システムの復元 - 以前の復元ポイントの状態に戻す
  5. Windows10 の使い方と設定

iPhone/iPad - Siriの使い方と設定

スポンサーリンク

iPhone/iPad Siri の使い方と設定方法を紹介します。

Siri の使い方

ios-siri-01
iOSデバイスのホームボタンを長押しします。

ios-siri-02
Siriがオンになっていると場合は、このように「ご用件は何でしょう?」とSiriが答えてくれます。

例えば「メール」とiOSデバイスに語りかけると、

ios-siri-03
「メール」という言葉を理解し、「誰に送信しますか?」と答えてくれます。

その他にも、
「検索」
「音楽」
「住所」
「おはよう」
……などさまざまな言葉を理解してくれるので、Siriと対話しながら、iOSデバイスを操作することができます。

Siriにいろいろ話しかけてみましょう。

次は「Siriの設定」をみていきます。

Siriの設定

ios-siri-04
ホーム画面の「設定」アイコンをタップします。

ios-siri-05
すると、設定画面が表示されるので、左カラムの「一般」をタップします。

ios-siri-06
一般設定です。右カラムの「Siri」をタップします。

スポンサーリンク

Siriを「オン」に

ios-siri-07
デフォルトでは、このようにSiriは「オン(緑色)」になっています。

Siriの設定

ios-siri-08
Siriにはいくつかの設定項目があります。環境やお好みに応じて変更しましょう。

  • 言語
  • 声の性別
  • 音声のフィードバック
  • 自分の情報

Siriを「オフ」に

次はSiriの設定を「オフ」にしてみましょう。

ios-siri-09
「Siri」をタップします。

ios-siri-10
すると、「Siriを無効にする」というポップアップが表示されるので、「オフにする」をタップします。

Siriがユーザーのリクエストに応じる際に参照する情報がappleのサーバーから削除されます。後でSiriを使用する場合には、この情報を再送信するのに時間がかかります。

ios-siri-11
これでSiriの設定が「オフ」になりました。

関連記事(一部広告含む)