Mac - App Store アプリの自動アップデートの設定

macOS と「App Store」経由でインストールしたアプリの自動アップデートの設定方法を紹介します。

App Storeでは、App Store からインストールしたアプリケーションを最新の状態に保つように設定することができます(自動アップデート)。

また、他の Mac で購入したアプリを自動でインストールすることもできます。

App Store アプリの自動アップデートの設定

それでは実際に設定してみましょう。


アプリ「App Store」を起動します。


App Store です。


上部メニュー「App Store」から「環境設定」をクリックします。


App Store の環境設定です。

  • 自動アップデート
    Appのアップデートを自動的にダウンロードしてインストールします。

デフォルトでは、自動アップデートが「オン」になっているので

不要な場合はチェックをはずしましょう。


すると、次のようなポップアップが表示されるので

App Storeが変更を加えようとしています。
許可するにはパスワードを入力してください。

「パスワード」を入力し、「OK」をクリックします。


これで「自動アップデート」が「オフ」になりました。


こちらの設定も合わせてみておきましょう。

  • ほかのMacコンピュータで購入したAppを自動的にダウンロード
    App Storeに「Apple ID」でサインインしています

他のMacコンピュータに表示されている「Apple ID」でサインインした場合に App が自動的にダウンロードされます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  3. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  4. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  5. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  6. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  7. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  8. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  9. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  10. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  11. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  12. iPhone/iPadで撮影した写真/動画をMacに転送(保存)する方法
  13. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  14. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  15. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う

関連記事(一部広告含む)