今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - ローカルグループポリシーエディターを起動する方法
  5. Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法

Macアプリ - Xcodeのインストールと初期設定

スポンサーリンク

Xcodeのインストール方法を解説します。

Xcodeとは

Xcodeは、Mac、iPhone、iPadアプリを開発するための統合開発環境(IDE、Integrated Development Environment)です。C言語、C++、Objective-Cといったプログラミング言語がコンパイルもできます。

Xcodeのインストール

まずは、こちらからアプリ「Xcode」をインストールしましょう。

Xcode - Apple

価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: 開発ツール
© 1999–2017 Apple Inc.

インストールにはかなりの時間がかかります。管理人の場合、20分くらいかかりました……。

Xcodeの初期設定

初回起動時のみ Xcode と iOS のライセンスに承諾する必要があるので、ここではその方法も合わせてみていきます。


アプリ「Xcode」を起動します。

スポンサーリンク


Xcodeを起動すると「Xcode and iOS SDK License Agreement」が表示されるので

「Agree(同意)」をクリックします。


「パスワード」を入力し、「OK」をクリックしましょう。


すると、インストールがはじまります。1分くらい待機します。


これで、インストール完了です。

アプリを作成する場合は、「Create a new Xcode project」をクリックすればOKです。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)