Macアプリ「AppZapper」 - アプリケーションをアンインストール(削除)

Last Update:

Macのアプリケーションをアンインストールするアプリケーション「AppZapper」を紹介します。

Macのアプリケーションを削除する場合、アプリケーション自体をゴミ箱に捨ててしまえばいいのですが、それではライブラリファイルや一時ファイルが残ってしまいます。几帳面な方には気になってしょうがないのではないでしょうか。

今回紹介するアプリケーション「AppZapper」は、そういった不要なファイルを一括削除してくれる便利なアプリケーションです。しかもアプリケーションをドラッグアンドドロップするだけのかんた操作でアンインストールを実行できちゃいます。

それではアプリ「AppZapper」のダウンロード・インストール、使い方をみていきましょう。

AppZapperのダウンロードとインストール

ダウンロードしたdmgファイルを開きます。

ma-app-uninstall-appzapper-1
dmgファイルを開くと「AppZapper License Agreement」画面が表示されます。「Agree」をクリックし、インストールしましょう。

ma-app-uninstall-appzapper-2
アイコン(AppZapper)をApplicationディレクトリへドラッグアンドドロップします。

AppZapperの使い方

ApplicationディレクトリからAppZapperを起動します。

ma-app-uninstall-appzapper-3
AppZapperの購入画面が表示されます。価格は12.95ドル。購入しなくても、5回までアンインストールが無料でできるので、使用感を試してから購入を検討しましょう。

ma-app-uninstall-appzapper-4
購入画面ともうひとつ「Drag Apps Here」という画面が表示されています。こちらがAppZapperの本体です。ここにアプリをドラッグアンドドロップすれば、アンインストールと不要なファイルの削除が実施されます。

試しにMacのTorrentアプリ「Vuze」をドラッグアンドドロップしています。

ma-app-uninstall-appzapper-5
アンインストールするアプリの詳細が表示されます。チェックを入れたファイルが削除されます。それでは、「Zap!」をクリックしてみます。

チューン♪

という軽快な効果音とともにアプリケーションがアンインストールされ、不要なファイルが削除されます。

「こりゃ便利!12.95ドルか……。ちょっと考えてみよう。」

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  3. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  4. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  5. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  6. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  7. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  8. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  9. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  10. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  11. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  12. iPhone/iPadで撮影した写真/動画をMacに転送(保存)する方法
  13. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  14. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  15. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期

関連記事(一部広告含む)