MENU

Macアプリ「MiniUsage」 – CPU利用率とバッテリー残量を表示

CPU利用率とバッテリー残量を表示するアプリ「MiniUsage」を紹介します。

目次

Macアプリ「MiniUsage」

まずはこちらからMacアプリ「MiniUsage」をインストールします。

MiniUsage – sekn

価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ
© Nobuatsu Sekine

mac-app-miniusage-01
インストールしたアプリ「MiniUsage」を起動します。

mac-app-miniusage-02
すると、このような「MiniUsage」の用途が表示されます。一読しておきましょう。

mac-app-miniusage-03
メニューバーをみてみると

mac-app-miniusage-04
このようにパーセント表示(ここでは「42.1%」)と表示されているので、それをクリックしてみましょう。

mac-app-miniusage-05
すると、このようにプロセスごとの CPU の利用率が表示されます。

プロセスにマウスをもっていくと「PID」「ユーザー」や「CPU時間」などのプロセス詳細が表示されます。また下の方からプロセスを「終了」「強制終了」することもできます。

mac-app-miniusage-06
また、「ネットワークの送受信」「ディスク I/O」「バッテリー残量」を確認することもできます。

mac-app-miniusage-07
下の方の「設定」から以下の項目を設定することができるので、お好みにカスタマイズしましょう。

  • 各プロセスのメモリをチェック
  • メモリ消費順に並べ替え
  • メニューバーの表示
  • 更新間隔
  • プロセス名の最大数
  • プロセスのアイコンを表示

関連記事

目次
閉じる