Macアプリ「メール」 - 迷惑メールフィルターを有効に(設定)

Macに標準搭載されているアプリ「メール」で、迷惑メールフィルタを有効にする方法を紹介します。

また、迷惑メールが受信したときの動作やフィルタする対象などのタイプの設定も合わせてみていきます。

迷惑メールフィルターを有効に(設定)

それでは実際に設定してみましょう。


アプリ「メール」を起動します。


上部メニュー「メール」→「環境設定」をクリックします。


環境設定です。

上部タブメニュー「迷惑メール」をクリックします。


迷惑メールの設定です。

  • 迷惑メールフィルタを有効にする
  • にチェックを入れましょう。

    スポンサーリンク


    迷惑メールを受信したときの動作の設定です。

    • 迷惑メールにして、「受信」トレイに残す
    • 「迷惑メール」メールボックスに移動
    • カスタム操作を実行


    迷惑メールフィルタの対象にしないメッセージのタイプの設定です。

    • メッセージの差出人が「連絡先」の中に存在する
    • メッセージの差出人が宛先の履歴の中に存在する
    • メッセージの宛先に自分の氏名が使われている


    その他の設定です。

    • メッセージ内の迷惑メールヘッダを信頼
    • ルールを適用する前に迷惑メールを選別

    アプリケーション関連の人気記事

    1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
    2. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
    3. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
    4. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
    5. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
    6. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
    7. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
    8. Mac - インターネットからダウンロードしたアプリの実行許可
    9. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期
    10. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
    11. iPhone/iPadで撮影した写真/動画をMacに転送(保存)する方法
    12. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
    13. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
    14. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う
    15. Macアプリ「OnyX」の使い方 - メンテンナンスツール

    関連記事(一部広告含む)