Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール

Last Update:

Macの純正メーラーアプリ「メール」で、メッセージの振り分けルールを作成する方法を紹介します。

ここでは届いたメール「お買い物」というメッセージボックスに振り分ける設定方法を例に振り分けルールを作成する方法を解説します。

メールボックスの作成

mac-app-mail-rule-01
まずは、Macアプリ「メール」を起動し、メッセージの振り分け先である「メールボックス」を作成します。

mac-app-mail-rule-02
メニューバーの「メールボックス」→「新規メールボックス」をクリックします。

mac-app-mail-rule-03
クリックすると「新規メールボックス」というポップアップが表示されるので、場所と名前を入力し、「OK」をクリックします。

※ ここでは場所を「iCloud」、名前を「お買い物」にしています。場所はiCloudではなく、Macのローカルを選択することもできます。

mac-app-mail-rule-04
クリックすると、このように左カラムにメールボックスが作成されます。

振り分け先のメールボックスの作成が完了したので、次は振り分けルールを設定しましょう。

メッセージの振り分けルールを設定

mac-app-mail-rule-05
メニューバーの「メール」→「環境設定」をクリックします。

mac-app-mail-rule-06
クリックすると、「環境設定」ウィンドウが表示されるので、メニュー「ルール」をクリックします。

mac-app-mail-rule-07
「ルールを追加」をクリックします。

mac-app-mail-rule-08
ルールの説明を入力します。

※ ここでは「お買い物」と入力しています。

mac-app-mail-rule-09
「いずれかの受信者」というところをクリックします。

mac-app-mail-rule-10
クリックすると、いろいろ選択項目が表示されるので「差出人」をクリックします。

差出人の他にも「宛先」「CC」「件名」……などなどからルールを作成することができます。

mac-app-mail-rule-11
入力フォームにAmazonのメールアドレスを入力します。

mac-app-mail-rule-12
「を含む」を選択すると、このようにいくつかの選択項目からルールを作成することができます。

※ ここでは「を含む」を選択しています。

mac-app-mail-rule-13
移動先に先ほど作成した「メールボックス」を選択します。

mac-app-mail-rule-14
ほかにも条件を追加したい場合は「+」をクリックし、同じように設定すれば、OKです。

※ 例えば、楽天やヨドバシカメラのお買い物も同じフォルダに振り分ける場合などに条件の追加は有効です。

mac-app-mail-rule-15
設定を完了したら、「OK」をクリックします。

次は追加したルールを今までのメッセージに適用します。

振り分けルールを適用

デフォルトのメッセージボックス「受信」に移動し、「command + A」ですべてのメッセージを選択します。

mac-app-mail-rule-16
メッセージを選択した状態で、メニューバー「メッセージ」→「ルールを適用」をクリックします。

最後に

mac-app-mail-rule-17
左カラムの振り分け先メッセージボックスへアクセスし、適切にメッセージが振り分けられているかを確認しましょう。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  3. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  4. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  5. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  6. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  7. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  8. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  9. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  10. iPhone/iPadで撮影した写真/動画をMacに転送(保存)する方法
  11. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  12. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  13. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  14. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  15. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う

関連記事(一部広告含む)