Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期

Last Update:

Macに標準搭載されているアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期する方法を紹介します。

Googleカレンダーをメインで使用しており、Macでスケジュール管理する場合は、Macアプリ「カレンダー」と同期しておくといいでしょう。スケジュールを閲覧するためにわざわざブラウザーを開かなくてもいいので、便利です!

個人的な見解ですが、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスを持っている方はこれを機に?GoogleカレンダーからMacアプリ「カレンダー」へ移行したほうがいいかもしれません。iCloudで簡単に設定できるので、楽ですよ。

Googleカレンダーと同期

sync-mac-app-calendar-google-01
Dockから「カレンダー」を起動します。

sync-mac-app-calendar-google-02
上部メニュー「カレンダー」から「環境設定」をクリックします。

sync-mac-app-calendar-google-03
クリックすると「環境設定」ウィンドウが表示されるので、上部の「アカウント」をクリックします。

sync-mac-app-calendar-google-04
Googleアカウントを追加するために、左下の「+」をクリックします。

sync-mac-app-calendar-google-05
クリックすると、「追加するカレンダーアカウントの選択」というポップアップが表示されるので「Google」を選択し、「続ける」をクリックします。

sync-mac-app-calendar-google-06
Googleアカウントの「名前」「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「設定」をクリックします。

sync-mac-app-calendar-google-07
「カレンダー」が選択されていることを確認し、「完了」をクリックします。

sync-mac-app-calendar-google-08
すると、このようにGoogleアカウントが追加されます。

sync-mac-app-calendar-google-09
左カラムの「Google」をクリックすると、カレンダーの更新頻度などのアカウント情報を閲覧することができます。

これでGoogleカレンダーとの同期は完了です。

Googleカレンダーとの同期を解除

sync-mac-app-calendar-google-10
左下の「-」をクリックします。

sync-mac-app-calendar-google-11
カレンダーアカウントを削除するために「インターネットアカウント」をクリックします。

sync-mac-app-calendar-google-12
クリックすると「インターネットアカウント」ウィンドウが表示されるので、左下の「-」をクリックします。

sync-mac-app-calendar-google-13
「アカウント ◯×@gmail.com を削除してもよろしいですか?」というメッセージが表示されるので、「OK」をクリックします。

sync-mac-app-calendar-google-14
すると、インターネットアカウントからGoogleアカウントが削除されます。

これでGoogleカレンダーとの同期は解除されます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  3. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  4. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  5. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  6. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  7. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  8. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  9. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  10. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  11. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  12. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期
  13. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  14. Mac - インターネットからダウンロードしたアプリの実行許可
  15. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う

関連記事(一部広告含む)