今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. iCloudカレンダーに届く参加依頼スパムを完全に削除する方法
  4. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  5. Windows10 - タスクマネージャーを起動する方法

Macアプリ「カレンダー」を使ってみよう - スケジュール管理

スポンサーリンク

Macに標準搭載されているスケジュール管理アプリ「カレンダー」を使ってみたので、その簡単な使い方を紹介します。

mac-app-calendar-01
Dockから「カレンダー」を起動します。

スケジュール/イベントを追加

mac-app-calendar-02
まずは、イベントを追加してみましょう。上部の「+」ボタンをクリックします。

mac-app-calendar-03
「+」ボタンをクリックすると「クイックイベントを作成」という吹き出しが表示されます。

クイックイベントとは、いくつかのキーワードを入力するだけでイベントを作成できる便利な機能です。

mac-app-calendar-04
例えば「花見 金曜 18時」と入力してみましょう。

mac-app-calendar-05
すると、このようにキーワードからイベントを作成してくれます。

「場所」「時間」「通知」「出席者」「メモ」といった情報を追記したい場合にはここで編集しましょう。編集が終了したら左上の「×」マークをクリックします。

mac-app-calendar-06
すると、このようにイベントが追加されます。

スポンサーリンク

表示の切り替え

mac-app-calendar-07
上部メニューから「日」「週」「月」「年」にカレンダーの表示を切り替えることができます。

それではひとつずつみてみましょう。

「日」表示

mac-app-calendar-08
「日」表示です。左カラムに直近のスケジュール、右カラムに今日のスケジュールが表示されます。

「週」表示

mac-app-calendar-09
「週」表示です。日曜日から1週間のスケジュールが表示されます。

「月」表示

mac-app-calendar-10
「月」表示です。今月(ここでは4月)の1ヵ月間のスケジュールが表示されます。

「年」表示

mac-app-calendar-11
「年」表示です。年間のカレンダーが表示されます。

イベントの検索

mac-app-calendar-12
右上にある「検索ボックス」からイベントを検索することができます。

イベントに加えて、カレンダーに「日本の祝日」を表示する方法はこちらを参考にしてください。
» Mac - カレンダーに日本の祝日を表示/非表示

関連記事(一部広告含む)