Macアプリ「メール」 - 大きなサイズの添付ファイルを送信(Mail Drop)

Last Update:

Macアプリ「メール」で、大きなサイズの添付ファイルを送信(Mail Drop)する方法を紹介します。

iCloud を利用している場合

Mail Drop 機能を使って、5GBまでの添付ファイルをメールで送信することができます。

実際には添付ファイルを iCloud にアップロードし、送信相手にはダウンロード用のリンクが送られます。

Macアプリ「メール」 - 大きなサイズの添付ファイルを送信(Mail Drop)

それでは実際に操作してみましょう。


アプリ「メール」を起動します。


上部メニュー「メール」→「環境設定」をクリックします。


環境設定です。

上部タブメニュー「アカウント」をクリックします。


アカウントの設定です。

iCloudメールを利用している場合は

  • 大きい添付ファイルをMail Dropで送信

がデフォルトで有効(オン)になっています。


Outlookメールでも

  • 大きい添付ファイルをMail Dropで送信


を有効(オン)にすることができます。

便利な機能なので、有効にしておきましょう。

Mail Drop を使ってみよう

先程、設定を有効にした Outlookメールで、Mail Drop を使ってみます。


サイズの大きなファイルを添付し、メールを送信します。

送信の実行には、時間がかかります……添付ファイルのサイズにもよりますが、5分くらいかな。

メールを受信した側は


このように添付ファイルの「ダウンロード」のリンクが送られます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  3. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  4. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  5. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  6. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  7. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  8. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  9. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  10. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  11. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期
  12. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  13. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  14. Mac - インターネットからダウンロードしたアプリの実行許可
  15. Macアプリ「OnyX」の使い方 - メンテンナンスツール

関連記事(一部広告含む)