Macアプリ「メール」 - メールを未読・迷惑メールに

Last Update:

Macに標準搭載されているアプリ「メール」で届いたメールを未読・迷惑メールに設定する方法を紹介します。

最近、メインで使っているメールを「Gmail」「Yahoo!メール」から「iCloudメール」に変更しました。理由はMacやiPadなどのApple製品で利用する際に設定が簡単で便利!といったところでしょうか(使ってみたいという気持ちもありましたが)。

これまで「Gmail」「Yahoo!メール」を使用していたときはメールの読み書きをブラウザーでのみ行っていたのですが、iCloudメールの作成を機にMacのメーラーアプリ「メール」を使ってみることにしました(なんとなく)。

Macアプリ「メール」を使ってみたところ、届いたメールを未読や迷惑メールに設定するといった単純操作がなかなかできなかったので、同じ状況で困っている方のために!ここではその方法を紹介します。

メールを未読・迷惑メールに

mac-mail-unread-spam-01
Dockからアプリ「メール」を起動します。

mac-mail-unread-spam-02
起動した「メール」アプリから未開封・迷惑メールに設定したいメールを選択します。

※ 複数のメールを選択してもOKです。

mac-mail-unread-spam-03
選択したメール上にマウスカーソルを持っていき右クリックすると、メニューが表示されるので、その中から「印をつける」→「未開封」「迷惑メール」をクリックします。

「未開封」をクリックすると、そのメールは未読になりメールを受信したばかりの状態になります。

mac-mail-unread-spam-04
「迷惑メール」をクリックすると、そのメールは迷惑メールに振り分けられます。

不連続(とびとび)にメールを選択

mac-mail-unread-spam-05
「command」キーを押しながらメールを選択すればOKです。

すべてのメールをを選択

mac-mail-unread-spam-06
すると、このようにすべてのメールが選択されます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  3. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  4. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  5. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  6. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  7. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  8. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  9. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  10. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  11. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  12. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期
  13. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  14. Mac - インターネットからダウンロードしたアプリの実行許可
  15. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う

関連記事(一部広告含む)