今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

Macアプリ「Quitter」指定した時間後にアプリを自動で終了/最小化

スポンサーリンク

指定した時間が経過したら特定のアプリを自動で終了/最小化(隠す)する Macアプリ「Quitter」を紹介します。

Macアプリ「Quitter」

スポンサーリンク

mac-app-quitter-01
「Marco.org」の「Apps」ページにアクセスしたら画面を下へスクロールし、Quitterの「Download now」をクリックしましょう。

mac-app-quitter-02
クリックすると Zipファイルがダウンロードされるので、それを展開し

mac-app-quitter-03
アプリ「Quitter」を「アプリケーション」フォルダへ移動(ドラック&ドロップ)しましょう。

mac-app-quitter-04
「アプリケーション」へ移動し、アプリ「Quitter」を起動します。

mac-app-quitter-05
起動すると「Quitter はインターネットからダウンロードされたアプリケーションです。開いてもよろしいですか?」というポップアップが表示されるので、「開く」をクリックします。

mac-app-quitter-06
すると、メニューバーに「Q」というアイコンが表示されるので、それをクリックしましょう。

mac-app-quitter-07
これです。これ。

mac-app-quitter-08
クリックすると、次のようなメニューが表示されます。

  • Quitter: Enabale(アプリを有効に)
  • Disable Quitter(アプリを無効に)
  • Edit Rules(ルールを編集)
  • Start Quitter at Login(ログイン時にアプリを自動起動)
  • About Quitter(アプリについて)
  • Quit Quitter(アプリを終了)

mac-app-quitter-09
「Edit Rules(ルールを編集)」をクリックすると

mac-app-quitter-10
こんなウィンドウが表示されるので、左下の「+」をクリックし

mac-app-quitter-11
適当なアプリを選択してみましょう(ここではテキストエディタアプリ「CotEditor」を選択しました)。

それでは設定をみてみましょう。

mac-app-quitter-12
「Quit」というところを選択すると

  • Quit(終了)
  • Hide(最小化/隠す)

のどちらかを選ぶことができます。

mac-app-quitter-13
時間(分)も入力・指定することができます。

mac-app-quitter-14
設定完了です。

この例では「CotEditor を 1分間アクティブにしなかったら、アプリを終了する」という設定になります。

mac-app-quitter-15
それでは実際にアプリ「CotEditor」を起動し

mac-app-quitter-16
インアクティブにし

1分間待つと……

mac-app-quitter-17
すると、このようにアプリを終了しようとしてくれます。

この例では編集したテキストを保存していなかったので、保存しますか?みたいなポップアップが表示されていますが、保存している場合、アプリは静かに終了します。

mac-app-quitter-18
アプリを自動で起動したい場合は「Start Quitter at Login」を設定しておきましょう。

スポンサーリンク