Macアプリ「Alfred」を使って、アプリを最小化(隠す)・終了する方法

Last Update:

Macアプリ「Alfred」を使って、アプリを最小化(隠す)・終了する方法を紹介します。

Alfred には、起動しているアプリを最小化(隠す)・終了することができるので、ここではその設定と使い方をみていきます。

Alfred - Running with Crayons Ltd

価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化
© 2012 Running with Crayons Ltd

システムコマンドの設定と使い方

さて、まずは適当にアプリを起動し

Alfred のランチャーを起動しましょう。

ホットキー「option + space」を押します。

hide - アプリを最小化(隠す)


hide」と入力すると、起動しているアプリ名が続くので、選択しEnterキーを押しましょう。

あるいは「hide アプリ名」を入力し、Enterキーを押します。

すると! アプリが最小化されます。

quit - アプリを終了


quit」と入力すると、起動しているアプリ名が続くので、選択しEnterキーを押しましょう。

あるいは「quit アプリ名」を入力し、Enterキーを押します。

すると! アプリが終了します。

設定


Alfred のランチャーを起動し、右上の「歯車」アイコンをクリックします。


すると、「Alfred Preferences」が起動するので


「Features」をクリックしましょう。


Features です。

左メニューの「System Commands」をクリックしましょう。


続いて右カラムの「Hide & Quit」をクリックします。


すると、次のように「Hide & Quit」を設定することができます。

  • Hide
  • Quit
  • Force Quit
この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  3. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  4. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  5. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  6. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  7. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  8. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  9. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  10. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  11. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  12. iPhone/iPadで撮影した写真/動画をMacに転送(保存)する方法
  13. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  14. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  15. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期

関連記事(一部広告含む)