今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  3. Windows10 - システムの復元 - 以前の復元ポイントの状態に戻す
  4. Windows10 - スタートメニュー(画面)の設定
  5. Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法

Macアプリ「Disk Diag」 - 不要なファイルを探して削除 - ディスククリーンアップ

スポンサーリンク

Macアプリ「Disk Diag」を使って不要なファイルを探して削除し、ディスククリーンアップする方法を紹介します。

まずは、以下のリンクからMacアプリ「Disk Diag」をインストールしましょう。

Disk Diag - Rocky Sand Studio Ltd.

価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ
© 2013 Rocky Sand Studio Ltd.

Macアプリ「Disk Diag」

mac-app-disk-diag-01
インストールしたアプリ「Disk Diag」を起動します。

mac-app-disk-diag-02
起動するとホームフォルダーの選択ウィンドウが表示されるので、右下の「Choose...」をクリックします。

mac-app-disk-diag-03
ユーザーのホームフォルダー(/Users/ユーザー名)が選択されているので、そのまま「Choose」をクリックします。変更したい場合は他のフォルダーを選択します。

mac-app-disk-diag-04
メールアドレスの登録を求められます。このアプリに興味がある方はメールアドレスを入力し、「Subscribe」をクリックします。登録したくない方は左上の「×」で、このウィンドウを閉じます。

mac-app-disk-diag-05
現在のディスク空き容量が表示されます。ここでは19.73GBですね。

mac-app-disk-diag-06
不要なファイルを削除するために「Start」をクリックします。

mac-app-disk-diag-07
クリックすると削除する項目が表示されます。あらかじめ「ON」になっているものとそうでないものがあります。

スポンサーリンク
  • Trash - ごみ箱
  • Caches - キャッシュ
  • Browser Data - ブラウザーのデータ(入力フォームやクッキーなど)
  • Logs - ログ
  • Downloads - ダウンロードしたファイルやフォルダー
  • Mail Downloads - ダウンロードしたメール
  • Large Files - 容量の大きいファイル

mac-app-disk-diag-08
例えば「ON」になっていない項目を削除したい場合は、その項目の左端をクリックします。

mac-app-disk-diag-09
するとこのように「ON」になります。「OFF」にしたい場合は「ON」をクリックします。

mac-app-disk-diag-10
「Large Files」を「ON」にすると。

mac-app-disk-diag-11
このように容量の大きなファイル一覧が表示されるので、削除したいファイルにチェックを入れ「Done」をクリックします。

mac-app-disk-diag-12
これで準備完了です。「Delete Files」をクリックします。

mac-app-disk-diag-13
クリックすると、「ファイルを削除すると元に戻せません。バックアップを取っておこうね。」というワーニングが表示されます。問題なければ「Delete Files」をクリックします。

Warning
Selected files will be deteleted permanently.
It is highly recommended to back up your files before processing.

mac-app-disk-diag-14
クリックするとディスククリーンアップがはじまります。

mac-app-disk-diag-15
しばらくするとこのように削除した容量が表示されます。ここでは「12.48GB」の不要ファイルが削除できました。

簡単に不要ファイルを削除できるので、おすすめ!

関連記事(一部広告含む)