ディスクの占有率を表示「Disk Inventory X」 - Macアプリ

なんだか分からないけど増えていくディスク容量。特にMacBook Airの場合、ディスク容量が少ないので、定期的なファイル削除は必須です。

そんな時に便利なのが、ディスク占有率を表示してくれるアプリケーション「Disk Inventory X」。フリーソフトなのでおすすめ!

ダウンロード

mac-disk-inventory-00
左サイドバーの「Get It!」をクリックし、「Disk Inventory X」をダウンロードします。

ダウンロードしたdmgファイル(DIX1.0Universal.dmg)を開きます。

mac-disk-inventory-01
「Disk Inventory X」をアプリケーションディレクトリにコピーします。

mac-disk-inventory-02
コピーした「Disk Inventory X」を起動します。

mac-disk-inventory-03
起動するとDonate(寄付)に関するウィンドウが表示されます。今回は「Close」をクリックします。

mac-disk-inventory-04
「Disk Inventory X」が認識しているディスクが表示されます。占有率を表示させたいディスクを選択し、「Open Volume」をクリックします。

mac-disk-inventory-07
クリックするとディスクの解析が始まります。容量によっても違いますが、1〜5分くらいかかります。

mac-disk-inventory-09
解析が終わるとディスクの占有率が表示されます。左カラムには、ディレクトリごとのディスク占有率が表示され、下層へ辿ってディレクトリやファイルを削除することもできます。右カラムにはファイルの種類ごとの占有率が表示されます(描画されます)。

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  3. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  4. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  5. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  6. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  7. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  8. Mac - インターネットからダウンロードしたアプリの実行許可
  9. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期
  10. Macアプリ「OnyX」の使い方 - メンテンナンスツール
  11. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  12. iPhone/iPadで撮影した写真/動画をMacに転送(保存)する方法
  13. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う
  14. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  15. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方

関連記事(一部広告含む)