Macアプリ「Disk Diet」 - ディスクの空き容量を増やす

簡単にディスクの空き容量を増やすことができるアプリ「Disk Diet」を紹介します。

Macアプリ「Disk Diet」

まずは、こちらからアプリ「Disk Diet」をインストールしましょう。

Disk Diet

価格: ¥490(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ
© Tunabelly Software Inc.


インストールしたアプリ「Disk Diet」を起動しましょう。


すると、次のようなディスク情報が表示されます。

  • 容量
  • 空き領域
  • メディア名
  • プロトコル
  • 使用領域

Disk Dietは、処理を続行するために一部のフォルダにアクセスする必要があります。
オープンダイアログが表示されたら、「選択」ボタンをクリックして適切なフォルダを選択してください。

  • アプリケーション
  • ライブラリ
  • システムログ(オプショナル)


「選択」をクリックしましょう。


すると、フォルダを選択するウィンドウが表示されるので

「選択」をクリックしましょう。


すると、「チェックマーク」が入ります。


他のフォルダも「選択」しましょう。


すると、このようなポップアップが表示されるので

「Disk Diet」から「ダウンロード」フォルダ内のファイルにアクセスしようとしています。

特に問題なければ「OK」をクリックしましょう。


すると、ダイエットでどのくらいスペースが節約できるかを調査してくれます。


この例ではダイエットできる容量(ジャンク)は「5.70 GB」です。

ダイエットしたいカテゴリにチェックを入れましょう。

  • アプリケーションログ
  • システムログ
  • キャッシュ
  • ごみ
  • ダウンロード
  • メールのダウンロード
  • 古いiOSのアップデート
  • 開発者作成のファイル
  • 未使用のアプリケーション
  • 余分な言語


「ダイエット」ボタンをクリックすると


このようなポップアップが表示されます。

ダイエットをこのドライブに適用しますか?
未使用のファイルを削除してスペースを空けます。この作業は取り消し不可能です。
続行する前に、Time Machine でバックアップしておくことをお勧めします。

特に問題なければ「はい」をクリックしましょう。


すると、ダイエットがはじまります。

しばらくすると……


ジャンクファイルが削除されます。

「OK」をクリックしましょう。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  3. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  4. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  5. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  6. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  7. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  8. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  9. iPhone/iPadで撮影した写真/動画をMacに転送(保存)する方法
  10. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  11. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  12. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  13. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  14. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  15. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う

関連記事(一部広告含む)