Macアプリ「OnyX」 - クリーニングの設定と実行(メンテナンス)

Mac 定番のメンテンナンスツール「OnyX」のクリーニングの設定を紹介します。

アプリ「OnyX」 - クリーニングの設定

それでは実際に設定をみてみましょう。


アプリ「OnyX」を起動しましょう。

OnyXには管理者権限が必要です。

「パスワード」を入力し、「OK」をクリックしましょう。


アプリ「OnyX」です。

「メンテナンス」をクリックしましょう。


メンテナンスです。

クリーニングには4つの項目があります。

  • システム
  • アプリケーション
  • インターネット
  • ログメッセージとレポート

設定したい項目にチェックを入れ


「設定」をクリックしましょう。

スポンサーリンク


すると、このようなポップアップが表示されます。

  • システム
    - カーネル・機能拡張のキャッシュ
    - コンポーネントキャッシュ
    - CUPSジョブ
  • アプリケーション
    - アプリケーションキャッシュ
    - 保存済みのアプリケーション状態
    - Audio Units plug-ins キャッシュ
    - JavaとJavaアプレットキャッシュ
  • インターネット
    - DNSキャッシュ
    - ブラウザのキャッシュ
    - ダウンロードキャッシュ
    - ブラウザの履歴
    - ブックマークアイコン
    - フォームの入力内容
    - Cookieと他のサイトデータ
    - メールダウンロードフォルダ内の項目
    - インスタントメッセージングの会話
  • ログメッセージとレポート
    - アプリケーションログ
    - シェルログと復元されたセッション
    - ログのアーカイブ
    - 診断レポート

クリーニングしたい項目にチェックを入れ、クリーニングしたくない項目からはチェックをはずし


「OK」をクリックしましょう。


「実行」をクリックすれば、メンテナンス(クリーニング)が実行されます。

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  3. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  4. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  5. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  6. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  7. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  8. Mac - インターネットからダウンロードしたアプリの実行許可
  9. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期
  10. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  11. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  12. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  13. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う
  14. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  15. Macアプリ「OnyX」の使い方 - メンテンナンスツール

関連記事(一部広告含む)