Macアプリ「OnyX」 - クリーニングの設定と実行(メンテナンス)

Mac 定番のメンテンナンスツール「OnyX」のクリーニングの設定を紹介します。

アプリ「OnyX」 - クリーニングの設定

それでは実際に設定をみてみましょう。


アプリ「OnyX」を起動しましょう。

OnyXには管理者権限が必要です。

「パスワード」を入力し、「OK」をクリックしましょう。


アプリ「OnyX」です。

「メンテナンス」をクリックしましょう。


メンテナンスです。

クリーニングには4つの項目があります。

  • システム
  • アプリケーション
  • インターネット
  • ログメッセージとレポート

設定したい項目にチェックを入れ


「設定」をクリックしましょう。


すると、このようなポップアップが表示されます。

  • システム
    - カーネル・機能拡張のキャッシュ
    - コンポーネントキャッシュ
    - CUPSジョブ
  • アプリケーション
    - アプリケーションキャッシュ
    - 保存済みのアプリケーション状態
    - Audio Units plug-ins キャッシュ
    - JavaとJavaアプレットキャッシュ
  • インターネット
    - DNSキャッシュ
    - ブラウザのキャッシュ
    - ダウンロードキャッシュ
    - ブラウザの履歴
    - ブックマークアイコン
    - フォームの入力内容
    - Cookieと他のサイトデータ
    - メールダウンロードフォルダ内の項目
    - インスタントメッセージングの会話
  • ログメッセージとレポート
    - アプリケーションログ
    - シェルログと復元されたセッション
    - ログのアーカイブ
    - 診断レポート

クリーニングしたい項目にチェックを入れ、クリーニングしたくない項目からはチェックをはずし


「OK」をクリックしましょう。


「実行」をクリックすれば、メンテナンス(クリーニング)が実行されます。

関連記事(一部広告含む)