今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - Microsoftアカウントを新規に作成する方法
  5. Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認

Macが重いと感じたら…アプリ「OnyX」メンテナンス自動処理を実行

スポンサーリンク

Macが重いと感じたら……定番のメンテンナンスツール「OnyX」の自動処理を実行してみましょう。

アプリ「OnyX」 - メンテナンスの自動処理

それでは実際にメンテナンスの自動処理を実行してみましょう。


アプリ「OnyX」を起動しましょう。

OnyXには管理者権限が必要です。

「パスワード」を入力し、「OK」をクリックしましょう。


起動ボリュームの検証です。

これは初回起動時に実行してるので、「キャンセル」をクリックしましょう。


アプリ「OnyX」です。

「自動処理」をクリックしましょう。


自動処理です。

スポンサーリンク
  • メンテナンス
    - 起動ボリュームの構成
    - メンテナンススクリプトを実行
  • 再構築
    - LaunchServices データベース
    - dyld の共有キャッシュ
    - XPC キャッシュ
    - CoreDuet データベース
    - フォルダの表示設定
    - Spotlight インデックス
    - メールボックス
    - Mac ヘルプ
  • クリーニング
    - システムキャッシュ
    - ユーザキャッシュ
    - ディレクトリサービスのエラー
    - Web ブラウザのキャッシュと履歴
    - ログとCrashReporter
    - 書類の自動保存バージョン
    - 保存済みのアプリケーション状態
    - 不要な項目、一般項目、最近使った項目
    - ゴミ箱

必要な項目にチェックを入れ(よくわからない場合はデフォルトのまま)


「実行」をクリックしましょう。

警告
OnyX は動作中のアプリケーションすべてを終了します。

アウリを保存・終了し、「続ける」をクリックしましょう。


すると、自動処理が実行されます。

自動処理が完了しました。
選択された自動処理コマンドが実行されました。

「OK」をクリックします。

選択されたコマンドは問題なく実行されました。
今すぐコンピュータを再起動してください。

「再起動」をクリックしましょう。

これでメンテンナンスの自動処理は完了です。

関連記事(一部広告含む)