MENU

Macが重いと感じたら…アプリ「OnyX」メンテナンス自動処理を実行

Macが重いと感じたら……定番のメンテンナンスツール「OnyX」の自動処理を実行してみましょう。

目次

アプリ「OnyX」 – メンテナンスの自動処理

それでは実際にメンテナンスの自動処理を実行してみましょう。


アプリ「OnyX」を起動しましょう。

OnyXには管理者権限が必要です。

「パスワード」を入力し、「OK」をクリックしましょう。


アプリ「OnyX」です。

「メンテンス」をクリックしましょう。


メンテンスです。

  • Verifying
    – ファイルシステムの構成
    – Delete Time Machine local snapshots(タイムマシンのローカルスナップショットの削除)
  • 再構築
    – LaunchServices データベース
    – dyld の共有キャッシュ
    – XPC キャッシュ
    – Spotlightインデックス
    – メールボックス
    – デスクトップ上のボリュームの配置
  • クリーニング
    – システム
    – アプリケーション
    – インターネット
    – ログメッセージとレポート
  • 詳細設定
    – メンテナンススクリプト
    – ディレクトリサービスのエラー
    – Junk items
    – 最近使った項目
    – ゴミ箱

必要な項目にチェックを入れ(よくわからない場合はデフォルトのまま)


「実行」をクリックしましょう。

The computer needs to restart.(コンピュータは再起動が必要です。)
After running these tasks, OnyX will restart your computer automatically.(メンテナンスのタスクが終わるとコンピュータは自動的に再起動します。)

問題なければ、「続ける」をクリックしましょう。

警告
OnyX は動作中のアプリケーションすべてを終了します。

アプリを保存・終了し、「続ける」をクリックしましょう。


すると、自動処理が実行されます。

しばらくすると、コンピュータが再起動し、メンテナンスが終了します。

関連記事

目次
閉じる