今日の人気記事

  1. iPhoneアプリ「Instagram」 英語表記→日本語に戻す - 表示言語がおかしい
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法
  4. Windows10 - Microsoft IME に単語を登録する
  5. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録

Mac - ディスクエラーのチェック - Disk First Aid

スポンサーリンク

Macでディスクのエラーをチェックする方法を紹介します。

たまにファイルのデータが破損する場合があるので、定期的にディスクエラーをチェックするようにしましょう。ディスクエラーのチェックにはMacに標準搭載されている「ディスクユーティリティ」の「Disk First Aid」を使って行います。

それでは実際にディスクエラーを確認してみましょう。

ディスクエラーのチェック - Disk First Aid

mac-disk-error-check-disk-first-aid-01
Dockの「Lanchpad」をクリックします。

mac-disk-error-check-disk-first-aid-02
さまざまなアイコンが表示されるので「その他」をクリックします。

mac-disk-error-check-disk-first-aid-03
クリックすると「その他」項目のアイコンが表示されるので、「ディスクユーティリティ」アイコンをクリックします。

mac-disk-error-check-disk-first-aid-04
クリックすると「ディスクユーティリティ」ウィンドウが表示されるので、左カラムのディスクを選択します。

スポンサーリンク

mac-disk-error-check-disk-first-aid-05
上部の「First Aid」を選択し、右下の「ディスクを検証」をクリックします。

mac-disk-error-check-disk-first-aid-06
クリックすると「ディスクの検証中は、コンピュータの動作が遅くなったり応答しなくなったりする場合があります。」というポップアップが表示されるので、「ディスクを検証」をクリックします。

進行状況インジケータとステータスメッセージは、検証プロセスが完了するまで更新されない場合があります。

mac-disk-error-check-disk-first-aid-07
クリックするとディスクの検証がはじまります。検証中は詳細情報が表示され、右下に予想時間が表示されます。

mac-disk-error-check-disk-first-aid-08
しばらくするとディスクのエラーが完了します。「ボリューム“◯×”は問題ないようです。」と表示されれば、OKです。

エラーが表示された場合は「ディスクを修復」しましょう。

関連記事(一部広告含む)