今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

Mac - FileVault を入/切にする - ディスク内容の暗号化/暗号化解除

スポンサーリンク

MacでFileVault を入/切にする(ディスク内容の暗号化)方法を紹介します。

パソコンからハードディスクを取り出し、他のパソコンに外付けすると簡単にデータを抜き取ることができます。喫茶店などでMacBookを利用する方(ノートパソコンを紛失する恐れのある場合)は必ずFileVaultを入(ディスク内容の暗号化)にしてデータの流出を防ぎましょう。

ここではディスク内容を自動的に暗号化/暗号化解除する方法を紹介します。

スポンサーリンク

FileVault を入にする - ディスク内容の暗号化

mac-filevault-01
メニューの「Appleマーク」をクリックします。

mac-filevault-02
クリックするとAppleメニューが表示されるので、その中から「システム環境設定」をクリックします。

mac-filevault-03
クリックすると「システム環境設定」ウィンドウが表示されるので、その中から「セキュリティとプライバシー」アイコンをクリックします。

mac-filevault-04
上部の「FileVault」をクリックします。

mac-filevault-05
ディスク内容を自動的に暗号化することでデータを保護する「FileVault」を設定をするために、左下のカギマークをクリックします。

mac-filevault-06
クリックするとパスワードの入力を促されるので入力し、「ロックを解除」をクリックします。

mac-filevault-07
「FileVaultを入にする」をクリックします。

警告:データにアクセスするにはログインパスワードまたは復旧キーが必要です。復旧キーは、この設定中に自動的に生成されます。パスワードと復旧キーの両方を忘れると、データは失われます。

mac-filevault-08
クリックするとディスクロックを解除するための「復旧キー」が表示されるので、メモって安全な場所に保管しましょう。「続ける」をクリックします。

mac-filevault-09
復旧キーの保管をAppleに依頼することができるので、「復旧キーの保管を Apple に依頼」を選択、3つの質問を入力し、「続ける」をクリックします。

「復旧キーの保管を Apple に依頼しない」を選択しても、OKです。紛失しないように気をつけましょう。

mac-filevault-10
暗号化処理を開始するために「再起動」をクリックします。

クリックするとマシンの再起動がはじまります。再起動後、暗号化の処理がはじまります。

mac-filevault-11
暗号化中はこのように処理の進捗状況が表示されます。暗号化処理中も通常通りMacを使用することができます。

128GBytes のSSDを搭載した「MacBook Air」の場合、1時間程かかりました。

mac-filevault-12
暗号化が完了すると、このようにメッセージが表示されます。これで完了です。

FileVault を切にする - 暗号化解除

mac-filevault-13
左下のカギをクリックします。

mac-filevault-14
クリックするとパスワードの入力を促されるので入力し、「ロックを解除」をクリックします。

mac-filevault-15
「FileVault を切にする」をクリックします。

mac-filevault-16
「FileVault を切にしてもよろしいですか?」というメッセージが表示されるので、「暗号化を切にする」をクリックします。

mac-filevault-17
暗号化解除中は、このように進捗状況が表示されます。

mac-filevault-18
進捗状況が表示されなくなったら、左下のカギをクリックします。

mac-filevault-19
クリックすると「FileVault は切になっています。」というメッセージが表示されるので、これで暗号化解除の完了です。

スポンサーリンク