Macアプリ「OneDrive」 - ファイルオンデマンドを有効(オン)に - 容量削減

Macアプリ「OneDrive」のファイルオンデマンドを有効(オン)にする方法を紹介します。

ファイルオンデマンドを有効にすると

ファイルを使用するときにダウンロードしてくれるので、コンピューターの空き領域を増やしてくれます。ただし、オフラインでの作業はできなくるので、注意が必要です。

アプリ「OneDrive」 - ファイルオンデマンドを有効(オン)に

それでは実際に設定してみましょう。


アプリ「OneDrive」を起動しましょう。


上部メニューの「雲」アイコンをクリックし


表示されたポップアップの右下にある「その他」をクリックしましょう。


すると、メニューが表示されるので「基本設定」をクリックします。


ファイルオンデマンドの設定です。

ファイルオンデマンドは、ファイルを使用するときにダウンロードすることで、コンピューターの空き領域を増やします。


「ファイルオンデマンドを有効にする」をクリックします。


上部メニューの「雲」アイコンをクリックすると


次のような項目が表示されています。

ファイルオンデマンドを最大限に活用する
ファイルオンデマンドを使用すると、OneDrive のファイルをオンライン専用としてマークし、コンピューターの空き容量を増やすことができます。オンライン専用としてファイルをマークするには、OneDrive Finder 拡張機能を有効にする必要があります。


「Finder 拡張機能を有効にする」をクリックしましょう。


すると、「機能拡張(システム環境設定)」ウィンドウが表示されるので

  • OneDrive Finder Integration

にチェックを入れましょう。


上部メニューの「雲」アイコンをクリックすると


「ファイルオンデマンドの設定が完了しました」と表示されます。

これで設定完了です。

OneDrive関連の人気記事

  1. Windows10 - OneDriveのリンクを解除する方法
  2. Microsoft OneDrive の使い方と設定
  3. OneDrive(ブラウザ) - サインインとサインアウト
  4. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  5. Windows10 - OneDrive を自動起動しないように設定
  6. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  7. Windows10 - OneDrive のアンインストール(削除)
  8. Windows10 - OneDriveフォルダーを開く(クラウドストレージ)
  9. Windows10 - 削除した OneDrive を再インストールする方法
  10. Windows10 - OneDrive(クラウドストレージ)の基本設定
  11. Microsoft OneDrive - ブラウザーで空き容量/使用可能な容量を確認
  12. Windows10 - OneDrive を使ってみた(サインイン)
  13. Windows10 - OneDrive の個人用 Vault の使い方(ロック解除)
  14. Macアプリ「OneDrive」 - アカウントのリンクを解除(サインアウト)
  15. Windows10 - OneDrive 同期するフォルダーの選択(変更)

関連記事(一部広告含む)