Macアプリ「OneDrive for Mac」 - エラー対処 2.1GBを超えるファイルはアップロードできません

mac-app-onedrive-file-limit-01
メニューバーのMacアプリ「OneDrive」のアイコンに「×」マークが表示っ!なに?

mac-app-onedrive-file-limit-02
ちょっと見にくいので、拡大するとこんな感じです。

このエラー(問題)は、アプリ「OneDrive」で指定したフォルダーに容量の大きな(2.1GB以上の)ファイルを置くと表示されます。

ここでは、この問題が起きた場合の対処方法を紹介します。

エラー対処

mac-app-onedrive-file-limit-03
アイコンをクリックすると「OneDriveに1個の問題があります」とのことです。

mac-app-onedrive-file-limit-04
「詳細の表示」をクリックすると、

mac-app-onedrive-file-limit-05
「OneDrive」ウィンドウが表示され、「2.1GB を超えるファイルは OneDriveにアップロードできません」とのことです。

mac-app-onedrive-file-limit-06
「虫眼鏡マーク」をクリックします。

mac-app-onedrive-file-limit-07
クリックすると、容量の大きなファイルが置かれているフォルダーが表示されるので、そのファイルを削除、あるいは他の場所に移動します。

これで、OKです。

mac-app-onedrive-file-limit-08
そのままほっといてもエラーメッセージは消えますが、少し時間がかかるので「×マーク」をクリックし、メッセージを削除しましょう。

mac-app-onedrive-file-limit-09
すると、アプリ「OneDrive」アイコンの「×」マークは表示されなくなります。

OneDrive関連の人気記事

  1. Windows10 - OneDriveのリンクを解除する方法
  2. Microsoft OneDrive の使い方と設定
  3. OneDrive(ブラウザ) - サインインとサインアウト
  4. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  5. Windows10 - OneDrive を自動起動しないように設定
  6. Windows10 - OneDrive のアンインストール(削除)
  7. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  8. Windows10 - OneDriveフォルダーを開く(クラウドストレージ)
  9. Windows10 - 削除した OneDrive を再インストールする方法
  10. Windows10 - OneDrive(クラウドストレージ)の基本設定
  11. Microsoft OneDrive - ブラウザーで空き容量/使用可能な容量を確認
  12. Windows10 - OneDrive を使ってみた(サインイン)
  13. Windows10 - OneDrive の個人用 Vault の使い方(ロック解除)
  14. Macアプリ「OneDrive」 - アカウントのリンクを解除(サインアウト)
  15. Windows10 - OneDrive 同期するフォルダーの選択(変更)

関連記事(一部広告含む)