Macアプリケーション - 連絡先へのアクセスを許可/禁止

Last Update:

Macのアプリケーションが連絡先へのアクセスを許可/禁止する方法を紹介します。

iPhoneとMacを同じ「Apple ID」で利用していると「iPhoneの連絡先」と「Macの連絡先」がiCloud経由で自動的に同期するようになっています(デフォルトの設定)。そのため、Macのアプリケーションに連絡先へのアクセスを許可していると、アプリケーション経由で情報が収集されるかも?しれません。

大体においては利便性を高めるための機能だと思いますが、念のため!連絡先へのアクセスが不要なアプリについては、アクセスを禁止しておきましょう。

それでは実際にアクセスを許可/禁止する方法をみていきましょう。

連絡先へのアクセスを許可/禁止

mac-application-access-address-book-01
メニューバーの「Appleマーク」をクリックします。

mac-application-access-address-book-02
クリックするとAppleメニューが表示されるので、その中から「システム環境設定」をクリックします。

mac-application-access-address-book-03
クリックすると「システム環境設定」ウィンドウが表示されるので、その中から「セキュリティとプライバシー」アイコンをクリックします。

mac-application-access-address-book-04
上部タブメニュー「プライバシー」をクリックします。

mac-application-access-address-book-05
左カラムの「連絡先」をクリックします。

アクセスの許可

mac-application-access-address-book-06
クリックすると連絡先へのアクセスするアプリケーションが表示されているので、許可するアプリケーションにチェックを入れます。

これで連絡先へのアクセスが許可されます。

アクセスの禁止

mac-application-access-address-book-07
アクセスを禁止する場合はアプリケーションからチェックをはずせば、OKです。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  3. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  4. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  5. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  6. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  7. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  8. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  9. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  10. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  11. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期
  12. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  13. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  14. Mac - インターネットからダウンロードしたアプリの実行許可
  15. Macアプリ「OnyX」の使い方 - メンテンナンスツール

関連記事(一部広告含む)