今日の人気記事

  1. Windows10 の使い方と設定
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - アプリ「付箋」を使ってみた
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト

Mac - iCloudに保存されている「書類とデータ」の確認と削除

スポンサーリンク

iCloud に保存されている「書類とデータ」を Mac で、確認・削除する方法を紹介します。

iCloud には Apple が開発・配布しているアプリ「フォトライブラリ」や「メール」やその他にもさまざまなアプリのデータが保存されています。

例えば、パスワード管理アプリ「1Password」では Mac/iPhone/iPad で同じパスワードデータを共有できるように iCloud にデータを保存することができます。

ここでは保存されている「書類とデータ」の確認と削除方法をみていきます。

スポンサーリンク

iCloudに保存されている「書類とデータ」の確認と削除

mac-delete-icloud-document-data-01
Apple メニューの「システム環境設定」をクリックします。

mac-delete-icloud-document-data-02
システム環境設定です。「iCloud」をクリックしましょう。

mac-delete-icloud-document-data-03
クリックすると iCloud の設定画面が表示されるので、右下の「管理」をクリックします。

mac-delete-icloud-document-data-04
クリックすると、iCloud を使用しているアプリを確認することができます。

mac-delete-icloud-document-data-05
左側のアプリを選択すると、書類およびデータを確認・管理することができます。

mac-delete-icloud-document-data-06
「書類とデータを削除」をクリックすると

mac-delete-icloud-document-data-07
「○× のすべての書類およびデータを削除してもよろしいですか?」というポップアップが表示されるので、「削除」をクリックしましょう。

mac-delete-icloud-document-data-08
クリックすると左側のアプリから削除されます。

スポンサーリンク

関連記事と広告