Mac - ファイルの拡張子を表示/非表示にする

Macのファイルに拡張子を表示する、あるいは非表示にする方法を紹介します。

Macのデフォルト設定では拡張子が表示されないように(非表示に)設定されています。拡張子がないとファイル名が短くなり、見た目がスッキリしますが、拡張子を表示するとひと目でファイルの形式(種類)がわかるので、利便性を考えると表示しておいたほうがいいでしょう(個人的な見解ですが)。

mac-finder-show-file-extensions-01
拡張子を表示するとこのようにアプリケーションのファイルには「.app」という拡張子が表示されます。

それでは設定方法をみてみましょう。

ファイルの拡張子を表示する

Finderを起動します。

mac-finder-show-file-extensions-02
メニューバーの「Finder」から「環境設定」をクリックします。

mac-finder-show-file-extensions-03
クリックすると「Finder 環境設定」ウィンドウが表示されるので、トップメニューの「詳細」をクリックします。

mac-finder-show-file-extensions-04
「すべてのファイル名拡張子を表示」にチェックを入れます。

mac-finder-show-file-extensions-05
すると、このようにファイルに拡張子が表示されます。

次はファイルの拡張子を非表示にする方法をみてみましょう。

ファイルの拡張子を非表示にする

mac-finder-show-file-extensions-06
「Finder 環境設定」ウィンドウの「すべてのファイル名拡張子を表示」からチェックをはずします。

mac-finder-show-file-extensions-07
すると、このように拡張子は非表示になり、デフォルトの設定に戻ります。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Finder関連の人気記事

  1. Mac - 複数のファイル名を一括で変更(リネーム) - 連番、置換
  2. Macのショートカットキー - 不可視ファイルの表示/非表示を切り替える
  3. Mac - Finderのサイドバーに表示する項目を設定
  4. Finderサイドバーの「よく使う項目」にフォルダを追加・削除 - Mac
  5. Mac - Finder のホームフォルダに「ライブラリ」フォルダを表示
  6. Mac - Finderで隠しファイル・フォルダを表示する方法
  7. Mac - Finderの使い方と設定
  8. Mac - iPhone/iPad の自動同期の設定(オン/オフ)
  9. Finderのアイコンサイズを変更 - Mac
  10. Mac - Finderのショートカットキー一覧
  11. Mac - Finder ファイルやフォルダを削除
  12. Finderのフォルダーを別の新しいウィンドウで開く - Mac
  13. Mac Finder - 複数ファイルの選択
  14. iPhone - Mac と Wi-Fi 経由で同期
  15. Mac - フルスクリーン画像スライドショー

関連記事(一部広告含む)