Mac の「デスクトップ」「書類」フォルダを iCloud Drive に保存する方法

Macで、Apple ID に関連付けられたデバイスを表示・確認する方法を紹介します。

Mac の「デスクトップ」「書類」フォルダは


このように「iCloud Drive」に保存することができます。

しかも、Macストレージを最適化することでMac の空き容量が足りなくなると古い書類はiCloudにのみ保存するように設定できるので、合わせてみていきます。

「デスクトップ」「書類」フォルダを iCloud Drive に保存

それでは実際に設定してみましょう。


アップルメニューから「システム環境設定」を起動します。


システム環境設定です。

「iCloud」をクリックします。


「iCloud Drive」にチェックが入っていることを確認し


「オプション」をクリックします。


すると、次のようなポップアップが表示されます。

ここではiCloudに書類とデータを保存するアプリケーションが表示されます。


次の項目にチェックを入れましょう。

  • “デスクトップ”フォルダと“書類”フォルダ


また、次の項目にチェックを入れると

  • Macストレージを最適化

十分な空き容量があるときは、iCloud Driveの内容がすべてこのMacに保存されます。空き領域が足りなくなると、古い書類はiCloudにのみ保存されます。


「完了」をクリックしましょう。

これで設定完了です。Finder をみてみると……


このように「デスクトップ」と「書類」が iCoud Drive の配下に設置されています。


こんな感じです。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Finder関連の人気記事

  1. Mac - 複数のファイル名を一括で変更(リネーム) - 連番、置換
  2. Macのショートカットキー - 不可視ファイルの表示/非表示を切り替える
  3. Mac - Finderのサイドバーに表示する項目を設定
  4. Finderサイドバーの「よく使う項目」にフォルダを追加・削除 - Mac
  5. Mac - Finder のホームフォルダに「ライブラリ」フォルダを表示
  6. Mac - Finderで隠しファイル・フォルダを表示する方法
  7. Mac - Finderの使い方と設定
  8. Mac - Finderのショートカットキー一覧
  9. Mac - Finder ファイルやフォルダを削除
  10. Mac - iPhone/iPad の自動同期の設定(オン/オフ)
  11. Finderのアイコンサイズを変更 - Mac
  12. Finderのフォルダーを別の新しいウィンドウで開く - Mac
  13. Mac Finder - 複数ファイルの選択
  14. Mac - ゴミ箱を自動的に空にする(30日が過ぎたファイル)
  15. Mac - フルスクリーン画像スライドショー

関連記事(一部広告含む)