Mac - シングルユーザーモードでログインし、fsckコマンドを実行

Last Update:

Mac にシングルユーザーモードでログインし、fsckコマンドを実行する方法を紹介します。

Macアプリ「OnyX」の「起動ボリュームの検証」で

このボリュームは修復が必要です。
起動ディスクを修復するには「Command + R」を押しながらコンピュータを再起動し、ディスクユーティリティを選択してください。

というエラーが表示された場合にまず! 対処する方法はディスクユーティリティの「First Aid」です。

「First Aid」を実行してもエラーが解決しない場合は、Mac にシングルユーザーモードでログインし、fsckコマンドを実行する必要があります。

ちなみに、fsckコマンドはファイルシステムの検査と修復するコマンドです。

シングルユーザーモードでログインし、fsckコマンドを実行

Mac の電源を投入した直後、あるいは Mac の再起動がはじまったら

Command + S」キーを押しましょう。

すると!


こんな感じの画面が表示されます。

ディスク内容を暗号化する FileVault が有効になっている場合は

真っ黒い画面が表示されずに


ログイン画面が表示されるので、ログインしましょう。

すると、真っ黒い画面が表示されます。

fsckコマンド

fsckコマンドを実行しましょう。

localhost :/ root#

という「#」からはじまる部分に

「fsck -fy」と入力し、Enterキーを押します。

localhost :/ root# fsck -fy

すると……

** /dev/rdisk1
** Root file system
Executing fsck_hfs (version hfs-386.48.19).
……

こんな感じで、コマンドが実行されるので

コマンドが終了し「#」が表示されたら

localhost :/ root# reboot

「reboot」と入力し、Mac を再起動しましょう。

これで、fsckコマンドの実行は完了です。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. Mac - アクティビティモニタ - CPUやメモリの使用状況を確認・管理
  2. Mac 起動時のじゃーん!という音を消す方法
  3. Mac - 日本語入力のライブ変換を「オン/オフ」に設定
  4. Mac - コンピュータ名(ホスト名)の確認・変更
  5. MacBook Pro(Touch Bar搭載モデル)の初期設定
  6. Mac - 不要なファイルを削除する方法
  7. macOS Catalina(10.15)へアップグレード
  8. Mac - キーバインドの変更・入替え(command、ctrl、caps)
  9. Mac - FileVault をオン/オフにする - ディスク内容の暗号化/暗号化解除
  10. Mac - シングルユーザーモードでログインし、fsckコマンドを実行
  11. macOS - ファイアウォールをオン/オフ(有効/無効)にする
  12. Mac - テキスト読み上げの設定と使い方
  13. Mac - 通知音(警告音)を変更する方法
  14. macOS Big Sur(11.0)へアップグレード
  15. Mac - シリアル番号から保証状況とサービス期間を確認する方法

関連記事(一部広告含む)