Macターミナル - You have mail と表示された場合の対処法

Last Update:

Macのターミナルを起動したときに「You have mail」と表示された場合の対処方法を紹介します。

mac-terminal
MacのFinderから「アプリケーション」→「ユーティリティ」にアクセスし、「ターミナル」を起動します。

mac-screenshot-shadow-1
「You have mail」と表示されていますね。これはMac内部(localhost)で動いているメールサーバーからログインしているユーザー宛にメールが届いている、ということです。

それでは、対処方法をみていきます。

届いたメールを表示する場合は、mailコマンドを実行します。以下の例では、1通の未読メール(1 message 1 unread)が届いています。

$ mail
Mail version 8.1 6/6/93.  Type ? for help.
"/var/mail/user": 1 message 1 unread
>U  1 MAILER-DAEMON@host.l  Thu Jun 13 15:28  90/2842  "Undelivered Mail Returned to Sender"
? 1

この未読メールを読む場合は、メール番号(ここでは、1)を入力し、Enterキーを押します。

Enterキーを押すとメールが表示されます。メールの内容が複数ページの場合はスペースキーを押すと次のページへ進みます。メールを読み終えたら「q」を入力し、Enterキーを押せばmailコマンドが終了します。もう一度メールコマンドを実行すると未読メールがないので以下のようなメッセージが表示されます。

$ mail
No mail for user

これで、Macのターミナルを起動したときの「You have mail」というメッセージは表示されなくなります。既読メールは ~/mbox (/Users/ユーザー名/mbox)に保存されているので、再度読みたい場合はこちらを参照してください。

余談ですが、先ほどメール番号を入力し、Enterキーを押しましたところで、「?」を入力し、Enterキーを押すとmailコマンドで利用できるコマンドのヘルプが閲覧できます。

? ?
    Mail   Commands
t <message list>		type messages
n				goto and type next message
e <message list>		edit messages
f <message list>		give head lines of messages
d <message list>		delete messages
s <message list> file		append messages to file
u <message list>		undelete messages
R <message list>		reply to message senders
r <message list>		reply to message senders and all recipients
pre <message list>		make messages go back to /var/mail
m <user list>			mail to specific users
q				quit, saving unresolved messages in mbox
x				quit, do not remove system mailbox
h				print out active message headers
!				shell escape
cd [directory]			chdir to directory or home if none given

A <message list> consists of integers, ranges of same, or user names separated
by spaces.  If omitted, Mail uses the last message typed.

A <user list> consists of user names or aliases separated by spaces.
Aliases are defined in .mailrc in your home directory.
この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  3. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  4. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  5. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  6. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  7. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  8. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  9. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  10. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  11. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期
  12. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  13. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  14. Mac - インターネットからダウンロードしたアプリの実行許可
  15. Macアプリ「OnyX」の使い方 - メンテンナンスツール

関連記事(一部広告含む)