今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

Mac - Parallels Toolbox アプリ「タイマー」の使い方

スポンサーリンク

Parallels Toolbox のアプリのひとつある「タイマー」の使い方を紹介します。

Parallels Toolbox とは

Parallels Desktopに搭載された機能のことで、基本的なツールのコレクションで ユーザーが Mac での作業を迅速に完了できるようにサポートしてくれます。

Parallels Toolbox にはさまざまな便利アプリが用意されており、その中でも管理人がよく使うアプリのひとつである「タイマー」の使い方をみていきます。

スポンサーリンク

アプリ「タイマー」の使い方

それでは実際に「タイマー」を使ってみましょう。

parallels-toolbox-app-timer-01
アプリ「Parallels Toolbox」を起動すると

parallels-toolbox-app-timer-02
上部メニューのこんなアイコンが表示されるので、それをクリックします。

parallels-toolbox-app-timer-03
クリックするとメニューバーからこのような吹き出し(ポップアップ)が表示されるので

「時刻」をクリックします。

parallels-toolbox-app-timer-04
「タイマー」をクリックします。

parallels-toolbox-app-timer-05

アプリ「タイマー」が起動しました。

parallels-toolbox-app-timer-06

設定したい時間を入力しましょう。

ここでは「3分」にしてみました。

parallels-toolbox-app-timer-07

「開始」をクリックすると

parallels-toolbox-app-timer-08

このようにタイマーが動き始めます。

parallels-toolbox-app-timer-09
タイマーが起動中はこのように

「Dock」のアイコンでも残り時間を確認することができます。

parallels-toolbox-app-timer-10
また、ウィンドウ切り替えでも残り時間確認することができます。

parallels-toolbox-app-timer-11
設定した時間が経過すると「サウンド」とともに「通知」を表示されます。

「停止」をクリックし、タイマーをサウンドを止めましょう。

スポンサーリンク